受験シーズンが迫ってきて、中学受験においても追い込みをかける時期になってきました。
そこで、私が以前聞いて印象的だったNさんという方の話を紹介したいと思います。


Nさんは関東地方在住で小学6年生の子のお母さんです。
以下、要約して紹介します。


「私の夫は、学歴主義者で自分で誇らしげにそれを宣言しています。

子どもにも『よい大学を出てよい仕事に就くのが幸せになる条件。それでないと収入も地位も高くならないし人にもバカにされる。とにかく学歴が大事だから中学受験に集中するように』と言っています。


テストの点や順位にうるさくて、結果が悪いと不機嫌になって子どもを叱り続けます。


先日も塾のテストで順位が下がったことに激怒し、誕生日のプレゼントはお預けになりました。


元の順位に戻ったらプレゼントを渡すと言っています。
他にも罰を与えたりご褒美で釣ったりして、子どももうんざりしています」


私はNさんの話を聞いて、未だにこういう人がいるんだなと思いました。
また、この人ほどはっきり言わなくてもこれに近い価値観の人はけっこういるとも思いました。


でも、私は学歴より大事なものがあるとはっきり言いたいと思います。
例えば、人間性とか自分らしく生きられる主体性などは学歴よりはるかに大事です。


学歴が高くても人格・徳性・思いやり・誠実さがなければ何の意味もありません。
また、学歴が高くても自分の人生を自分らしく生きられないならそれも意味がありません。


実際、高学歴でなくても人間的に素晴らしい人、自分らしく幸せに生きている人、適性を活かして活躍している人、立派な仕事をしている人はたくさんいます。


学歴や収入や地位が高くても、イヤイヤ仕事をしているようでは幸せとはいえないでしょう。


また、学歴も収入も地位も高い高級官僚・政治家・大企業のトップなどで不道徳なことや不正をしている人はたくさんいます。


これから受験シーズンに入っていくわけですが、本当に人生において何が大切なのかをしっかり考えた方がいいと思います。


特に中学受験の場合は、親が視野狭窄に陥って子どもを苦しめている例が多いので気をつけてほしいです。

つづきはこちらから ↓↓↓

ブログのおすすめ記事です ↓↓↓
子どもの地頭がよくなる親の接し方とは?


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP
手が出て左向きCIMG0039