●子どもが成長する声かけ


子どもは、自分の気持ちをうまく言葉にできず、キレたりたたいたりしてしまうことがあります。


そういうとき「なんでたたくの!ダメでしょ」などと叱ることが多いと思いますが、それより子どもの成長につながるいい方法があります。
では、子どもの成長のためにはなんと言えばいいのでしょうか?


例えば次のような言葉をかけてみてください。


「自分でやりたかったんだね」
「先に取られて嫌だったね」
「ぶつかられて痛かったんだね」
「変なこと言われてイラッとしたんだね」
「押されて頭にきちゃったんだね」
「眠かったのに起こされて嫌だったね」


あるいは、次のように疑問形にしてもいいかもしれません。