「勉強ができなかったらどうしよう」「勉強嫌いにならないか心配」など、勉強にまつわる不安は、未就学児の頃からつきまとうことも……。


どうしたら勉強が好きになるのでしょうか。


実は、未就学児からのほんの少しの工夫で、子どもは進んで勉強をするようになると言われています。


そのちょっとした親の心がけを、元小学校教師であり教育評論家でもある、親野智可等先生にお聞きしました。




●生活に「楽勉」を取り入れると自然と勉強が好きになる


何ごとも好きなことであれば、楽々できるものですよね。
それは勉強も例外ではありません。


好きであれば放っておいてもどんどん学習しますし、勉強が楽しめると自然に学力がついていきます。


それでは、どうしたら勉強が好きになるのでしょうか。
実はとてもいい方法があるのです。


それが「楽勉」です。
楽勉とは、生活や遊びの中で楽しみながら知的な刺激をして地頭をよくしていくこと。


無理強いや強制はいっさいなく、楽しみながらやっているうちに、いつのまにか勉強が好きになり学力がつくという勉強法です。




●【親子散歩】を通して知的好奇心を育む

つづきはこちらから ↓↓↓

手が出て左向きCIMG0039