●あの頃の息子は今…。


これまで息子との関係は良好でした。
周りから見ても仲の良い親子だったと思います。


しかし中学に上がった途端、突然やってきた反抗期。
暴言を平気で発したり親を無視したりするようになり、かわいかった息子はすっかり別人に。


変わってしまった息子が辛く、小さな頃の写真を見るたびに心が沈みます。


お母さん〜! と駆け寄ってきてくれた優しい息子はもういないんです。
今までの育て方が悪かったんでしょうか。

(中学1年男子の母)




●子どもの心はいつかまた親の元に戻ってきます


思春期・反抗期の子どもとの接し方は難しいですよね。
悩まない親はいないはずです。


中にはこちらの相談者さんのように「自分の育て方が間違っていたのでは」と思い詰めてしまう人もいるようです。


でも、反抗期が来るというのは子どもが順調に成長している証拠です。
育て方が悪かったのでは全くありません。


まずは「来た来た反抗期!」という感じで、心にゆとりを持つようにしましょう。


幼かった息子さんと今の息子さんが別人のように感じるのも無理もないことです。
この時期、子どもは大人に反抗しながら自我を確立していっている最中です。


子どもは大きな壁である大人に対抗しなければならず、それが暴言や無視という形で発現しています。


大体の場合、思春期・反抗期が終われば子どもの心がまた親の元に戻ってきて、良い関係を築けるようになります。


しかしながらそうならない場合もあります。


それは、子どもに「人格否定」「存在否定」の言葉をぶつけて、心を深く傷つけてしまった場合です。


思春期・反抗期の子どもは親に対して挑発的で生意気な言葉を発することがあります。
それを聞いた親がキレて感情的になったときが危険です。


子どもに絶対に言ってはいけない言葉を発してしまうことがあるからです。
例えば「卑怯なやつだ」「お前がいなければ…」などの言葉です。


一度でもこういう言葉をぶつけてしまった場合、子どもの心が離れたまま元に戻らなくなることがあります。


それが引き金で思春期・反抗期が終わっても親の元に二度と戻ってこないということもあり得ます。


反抗期を経てひと回り大きくなり、頼もしくなった息子さんが戻ってくるその日のために、今はゆったりと構えつつ共感的・民主的な態度で子どもに接しましょう。


また反抗期の子には子ども扱いではなく、一人の大人として接するようにします。


●反抗期はいつまで続くの?

つづきはこちらから ↓↓↓