●実際に自分はどう言いそうか?


子どもが漢字テストで90点を取ってきたとします。
このとき、あなたなら何と言いそうですか?


次の選択肢から近いものを選んでみてください。
「どう言うべきかではなく、実際に自分はどう言いそうか?」と考えてみてください。


A「漢字の勉強がんばってたよね。もっとがんばれば100点が取れるよ」

B「漢字の勉強がんばってたよね。今度は算数もがんばって」

C「漢字の勉強がんばってたよね。お母さん・お父さんもうれしいよ」


はい、考えてくださってありがとうございます。


私は小学校の先生だったとき、懇談会で親御さんたちにこの話題について話し合って
もらったことがあります。


すると、AやBのように言うという人が多かったです。
皆さん、正直ですよね。


中には「本当はCがいいんですよね」と言った方もいて、私は「やはり皆さん頭ではわかっているのだ」と思ったものです。


親にも先生にも言えることですが、人には「ほめた後で余分なことを言ってしまう」という習性があるようです。


ところが、子どものほうは、ほめられた後で「次はもっとがんばれ」「次はこれをがんばれ」と言われてしまうとうれしさが半減してしまうのです。

つづきはこちらから ↓↓↓


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP
手が出て左向きCIMG0039