親野智可等は、『運動が好きになる オンラインこども運動教室「へやすぽ」』の主旨に大いに賛同して、本記事を掲載いたします。#ad


●コロナ禍でこどもの体力過去最低


昨年の12月、小学生男子の体力が過去最低ということがスポーツ庁の調査で明らかになりました。


外遊びが好きだった我が子がコロナでゲームや動画ばかりですっかりインドア派に…
もともと体育が得意なほうではなかったが拍車がかかった…
そんなご家庭も多いのではないでしょうか。


また、おうち時間が増えて、在宅ワークと子育てになんだか親もイライラ…
そんなご家庭はあなただけではありません。




●おすすめしたいのが体を使った親子遊び


そんなすっかり運動嫌いになってしまったこどもたちにおすすめしたいのが親子で運動する習慣です。


体を使った親子遊びはたくさんメリットがあります。


・運動の楽しさを、親子で触れ合うという楽しい気持ちと結びつけて体験することができ運動が好きになる。


・子どもにも親にもたくさん幸せホルモンが出て気持ちが落ち着いて穏やかになる。
誰にでも優しくなれる。


・勉強や仕事への集中力も増す。

・ストレスにも強くなる。


など、ポジティブな効果がたくさんあります。
また、こどもの成長はあっという間。


一緒にこうして親子で運動できる時間は貴重なのです。




●親子で運動習慣ならオンラインで週に1回、へやすぽがおすすめ


とはいえ時間もない、何をしたらよいかわからないな…
というご家庭にはオンラインで気軽に親子で一緒に運動するこども運動教室へやすぽをおすすめします。


週に1回30分送迎不要、兄弟何人でも定額だから続けやすいのもメリットですね。

へやすぽは体育の苦手種目となりがちな鉄棒や球技、マット運動などに必要な基礎力を親子で一緒に育みます。


体操教室だと家で一緒にメニューを練習するのは難しいですが、へやすぽは習ったことをおうちで繰り返しできるところも良い点で、毎日親子のスキンシップをとることができます。


へやすぽの大切にしている「他人と比べず自分のペースで。褒めて育てる」という点にも共感します。


たっぷりスキンシップをして、大いに笑って、親子ともどもストレスを発散して、気持ちもすっきりです。


実際にへやすぽをやって、運動嫌いのこどもが運動好きになったという声はたくさん届いているようです。 




●親子遊びで親子も子も心が安定


たっぷりスキンシップをして、一緒に笑い合って、楽しい時間を過ごすことで親子の信頼関係が確認できます。


こういう時間が持てることで、子どもたちは気持ち満たされて心が安定します。


親子遊びの効果は脳科学的にも解明されています。


脳科学によると、脳の扁桃体という部位には、ふざけたり騒いだりしたいという欲求があります。


それを抑制しているのが脳の前頭前野です。


じゃれつき遊びによって,前頭前野の抑制を外して,扁桃体のふざけたい欲求を満たしてあげます。


そして,思い切りふざけたり興奮したりして、楽しい時間を過ごした後で,終わるときには前頭前野が抑制をかけます。


扁桃体はすでに満足していますし,前頭前野は休んでいたので力が発揮できます。


こういうことを繰り返すことで、前頭前野と扁桃体をバランスよくコントロールする力が身につきます。


ですから、たっぷりふざける時間を取れている子は、いざというときに強い抑制力を発揮することができるようになります。つまり、キレない子になるのです。


みなさんも今だからこそ親子で一緒にふれあって幸せホルモンを出しましょう。

詳しくは ↓↓↓