今週の相談
 
1年生のときから、学校で大勢の子どもに悪口を言われ、からかわれ、笑われ、自分の意見はいつも認めてもらえず、非常に惨めな思いをずっとしています。ほんの数人の友達はいるものの、交友関係がそれ以上発展することもなく、子どもは絶望的な人生観をもっています。何をやってもどうせだめ、そんなの無理と最初から諦め、目標ももてず、意欲もまったくありません。疲弊しきっています。転校を考えた方がよいのでしょうか。以前はかわいいよく笑う子だったのが、今では見た目も惨めで暗い感じが漂う子になってしまいました。先生は優しく相手の子に言うのみで、効果はまったくありません。相手の親も自分の子がそんなことをしているとは信じず、娘がうそをついていると主張し、そのうそを鵜呑みにする私の教育がおかしいと非難してきます。八方塞がりです。どうしたらよいでしょう。子どもの今後の人生に大きく関わってくることなので、ぜひとも良いアドバイスをお願いします。切実です。(開け世界のごまさん)


【親野先生のアドバイス】
開け世界のゴマさん、拝読いたしました。

「1年生のときから、学校で大勢の子どもに悪口を言われ、からかわれ、笑われ、自分の意見はいつも認めてもらえず、非常に惨めな思いをずっとしています」

こういう状態はとてもつらいですね。5年生ということは、すでに5年間もそのような状態でいるわけです。親としては、もう放っておけないという気持ちだと思います。もしかしたら、いまだに気がついていないようなことで、原因になっていることがあるのかもしれません。そして、それは本人にあるのかもしれませんし、相手にあるのかもしれませんし、両方にあるのかもしれません。それをいろいろな角度から探ってみることをおすすめします。原因がわかれば、それに対する対応方法が見つかるはずです。

次のようにして、情報を集め、原因を探ってみたらいかがでしょうか?

友達からどのようなことを言われたか、子どもに聞いて記録していきます。録していくと、一定の傾向がわかってくるかもしれません。そこに今までわからなかった原因が見つかることもありえます。
誰から言われたかも記録していきます。だんだん中心になっている子がわかってくるかもしれません。
数人いるという友達に、話を聞いてみるといいと思います。自分の子どものことと、いじめてくる子のことの両方について、比較的客観的な情報が手に入るのではないでしょうか。
その数人の友達の親に聞いてみるのもいいでしょう。日ごろから聞いている子どもたちの様子を教えてもらえると思います。友達の親に聞いて、わが子のことがわかったということは、よくあることです。
担任から話を聞くことも必要だと思います。こういう場合は、お互いに腹を割って話をすることが大切です。万が一、問題解決をすることができない先生だとしても、そこから情報を引き出すことはできるはずです。
元の担任に聞いてみるのもいいかもしれません。もう担任ではないということで、当時は言えなかったことを言ってくれるということもありえます。
↓↓↓↓↓
つづく 

今日のアマゾンを見てみる

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP