親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:読書

 
「子供が高学年になってから、読書の大切さがよく分かった」という話を、多くの人から聞きます。
どうも、子供が高学年になると、そう感じる親が多いようです。
それは、次のような理由からです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]


小学2年生の息子は自動車大好き人間です。
見る本といえば自動車の本だし、遊ぶおもちゃといえば自動車のおもちゃです。
友達と遊ぶときも自動車ごっこだし、 絵を描けば自動車の絵です。


親としては、もっと別のことにも興味を持たせた方がいいのではないかと心配になってきました。
幼稚園や保育園の子ならともかく、来年はもう小学3年生なのです。
そんなある日、本屋に行きました。
さっそく息子は自動車の本を3冊選んで、買って欲しいと持ってきました。
あなたの行動は、次のどれになりそうですか?


A.その自動車の本を3冊買ってやり、もう1冊、親が読ませたい本を買う
B.その自動車の本を3冊買ってやる
C.その自動車の本を2冊買ってやり、もう1冊は親が読ませたい本を買う
D.その自動車の本を1冊買ってやり、もう2冊は親が読ませたい本を買う

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]


親子で買い物をしていたとき、本屋があったので入りました。
すると、子供がある本を持ってきて買って欲しいと言います。
でも、2日前に買ってやったばかりの本をまだ全然読んでないことを思い出しました。
さて、このような場合、あなたならどのように対応しますか?


A.前の本を全部読んだら買ってやると答える
B.前の本を半分読んだら買ってやると答える
C.前の本を必ず読むという条件付きで買ってやる
D.前の本のことはとやかく言わずに買ってやる

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●ナイチンゲールの伝記を読んで看護師を目指す


これは私の講演を開いてくれた団体の女性スタッフから聞いた話です。
彼女の娘さんは、医学部の学生で医師になるために勉強しているそうです。
娘さんは小学6年生の時に学習マンガでナイチンゲールの伝記を読みました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ