親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:親



4月に新しい担任の先生と出会ったとき、子どもたちが一番気になるのは「この先生は優しいだろうか、厳しいだろうか?」ということです。
これは、子どもたちにとって「これで自分の一年が決まる」と言っていいほどの重大事項なのです。


中には先生に直接聞こうと試みる子もいます。
つまり、初対面の先生に「先生は優しい?厳しい?」と聞くわけです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




ある集まりで、2人の子どものお母さんであるAさんが愚痴をこぼしました。


「まったくいろいろ迷って困っちゃうの。
昨夜なんて、子どもは夜の9時に寝る約束になっているのになかなか寝なくて…。
「もう寝なさい」と言えば「もうちょっとだけ」と言うし。
怒れば慌てて寝るけど、そんなことで怒りたくないし。


子どもに「○○買って」とねだられて、買ってやってもいいような気になったり買わない方がいいような気もしたり。
まったく、どこまでよくてどこからいけないのか…。何か、迷わなくていい基準みたいなものはないかしら」



Aさんは、何かはっきりした基準が欲しいと感じているようでした。
どんな場合でもスパッと割り切って判断できるような明確な基準です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加





大人が子どもに対して横柄に振る舞うとき、心のどこかに「子どものため」「しつけのため」という言い訳を用意しています。


ときには、「お前のためを思えばこそ」などと、口に出して子どもに言うときもあります。


でも本当は、この言い訳は誰よりも自分自身をだますために必要なのです。
では、なぜ自分自身をだます必要があるのでしょう?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加





ところで、このように立場を笠に着て横柄に振る舞うのは、人間として立派なこととはとても言えません。
ただ、今の立場が違うだけで、お互いに1人の人間同士であることにかわりはないのです。
人間として全く対等の存在価値を持ち、全く平等の人権を持ち、それらにおいて上下の違いなど何一つないのです。
そのことを忘れて、いかにも自分が上にいるかのように思い込んでいるのです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



あるテレビ局の男性アナウンサーのAさんから、番組への出演依頼の電話をいただいたときのことです。
番組の話をしながら、子育てや家庭教育についてもいろいろな話が出ました。
その中で、私は、親が子どもにやらせたいことを押しつけることの弊害について話しました。


するとAさんが、「こういう場合はどうなんでしょう?」と言いながら、ご自分の経験を話してくれました。
Aさんのご快諾のもと、その大要を紹介させていただきます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



サッカー・ワールドカップドイツ大会の、予選リーグが終わりました。 
日本代表チームは最後の試合でブラジルに負け、予選敗退が決まりました。 
ピッチ上の選手も監督も見ていた人たちも共々、がっかりとなったわけです。


ところで、その日の朝日新聞夕刊に、その最後の試合の様子を伝える記事が出ていました。 そこに出ていた1枚の写真に私は心打たれました。 
それは、ブラジル戦で負けて予選リーグ敗退が決まった直後の、サポーターたちの写真です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



2006年2月のトリノオリンピックで、荒川静香さんが金メダルを取りました。 
次の日の朝、出勤した私が、自分の受け持ちの2年生の教室に入ろうとしたとき、1人の女の子がヨロヨロしながら近寄ってきました。


「先生、おはようございます」
「おはようございます。どうしたの?なんだかヨロヨロしてるけど・・・」
「フギャースケートやってたの」
「フギャースケート?」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


既に習った筆算ができない子に、やり方を教えてあげました。
でも、その後、自分でやらせてみたらもうできません。
あなたならどうしますか?


A.「さっき教えたでしょ。なんでできないの?」と言う

B.もう一度教えてあげる

C.「どこがわからないの?」と聞く
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


子どもが花に水をやっていたのですが、そのうちめずらしい虫に気を取られて水道の水を出しっぱなしにしたまま虫を見ています。
あなたは何と言いますか?


A.水を止めなきゃダメでしょ

B.すごい!めずらしい虫を見つけたね。水を止めてじっくり観察しよう

C.水を止めてから虫を見ようね
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


あなたは子どもに将来どのような人生を送って欲しいですか?


A.よい学校に行ってよい仕事について欲しい

B.自分がやりたいことを自分で見つけて実行できる人になって欲しい

C.「生まれてきてよかった。生きてるって楽しい」と思えるようになって欲しい
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


醤油をビンから醤油差しに移し替えていたら、子どももやりたがりました。
それでやらせてみたのですが、今にもこぼしそうです。
あなたなら何と声をかけますか?


A.こぼさないでよ

B.上手、上手

C.ゆっくり、ゆっくり
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


小3の子が初めてそろばんの試験を受けます。
「あ~、緊張する」と言う子に、あなたならどんな言葉をかけますか?


A.問題の数字をよく見なきゃダメだよ。1つのミスで不合格になるかも知れないからね

B.緊張するよね。でも、いつも通りにやればだいじょうぶだよ。深呼吸すると落ち着くよ

C.がんばってね。応援してるからね
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


自分で起きない子を起こすとき何と言いますか?


A.自分で起きなきゃダメでしょ。なんど言ったらできるの

B.さあ、朝だよう。今日も元気にがんばろう

C.さあ、起きよう。はい、起きて、起きて
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


持久走大会で、わが子は一生懸命走っているのですが最後尾です。
それを見てあなたはどう思いますか?


A.がんばってるなあ。がんばれ、がんばれ。

B.あ~恥ずかしい。みっともないなあ。もっとがんばれよ

C.来年に向けて明日から持久走の練習だ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


子どもがやった宿題を見たら間違いが見つかりました。
やり直させたいとき、何と言いますか?


A.これとこれ、ほら2つも違ってるじゃない。ちゃんとやらなきゃダメでしょ

B.あ~、惜しい。もったいないのが2つあるよ。見つけたら天才

C.これとこれ違ってるよ。やり直しなさい
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


外から帰ってきた子どもがうがいと手洗いをしていません。
あなたなら何と言いますか?


A.すぐうがいと手洗いしなきゃダメでしょ。何度言われたらできるの

B.すぐうがいと手洗いしなさい

C.帰ったらすぐやることってなんだったかな~。あ~思い出せないよ~。困ったなぁ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


子どもがリビングで遊んだあと、片づけもしないままダラダラしています。
あなたは何と言いますか?


A.また片づけてない。どんどん片づけなきゃダメでしょ。まったくいつもいつも…

B.さあ、片づけたら夕飯にしよう。今日は大好きな○○だよ

C.3分で片づけよう。用意、ドン!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


バイキング形式のレストランでのことです。
子どもが自分でお皿に野菜を盛っていたのですが、床に半分くらい落として呆然としています。
そのときのとっさの一言、あなたなら次のどれになりそうですか?


A.どうしたらいいかな?

B.はい、拾いましょう。

C.何やってるの、なんで落とすの?!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


夕飯の支度ができたので食べようとしたら、子どもがテーブルの上で紙工作をしていてごちゃごちゃの状態でした。
こういうとき、あなたなら何と言いそうですか?


A.いっぱい上手に作ったね

B.これじゃ食べられないでしょ!すぐ片づけなさい

C.さあ、片づけよう
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


子どもに字の多い本も読ませたいのですが、マンガばかり読んでいます。
あなたならどうしますか?


A.マンガばかり読んでちゃダメよ

B.お隣の○○ちゃんは童話もたくさん読んでるんだって

C.この本もおもしろいよ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ