親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:親


Twitter

親の愛情を実感できている子は、悪い誘惑があってもブレーキが効く。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

現代では、「何でも食べる」ではなく、体にいい物を「選んで食べる」ことが必要だ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

親や先生の中には、子どもがちょっと話を聞いていないだけでキレて、叱ってしまう人がいる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもは大人に搾取されています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

子どもは同じことをしているのに、ある時は叱り別の時は笑って許すなどということはないだろうか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

親は圧倒的な権力者であり暴君だ。
それを笠に着て、やりたい放題になっていないだろうか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

子どもの寝顔を見て親の初心に返りましょう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


ほとんどの親は、親であることに甘えています。

なぜなら、親は圧倒的な権力者だからです。
それに対して、子どもは弱い存在です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


ある日、小学四年生の守くんは食事中に弟がこぼした水を拭いてあげました。
すると、お母さんに「ありがとう。助かるよ」とほめられました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


親は子どもにとって圧倒的な権力者です。
ほとんどの親はその立場に甘えてやりたい放題です。
子どもを感情的に叱りつけたり、ときには叩いたりけったりなどの暴力も平気です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


教師だったころ、懇談会の資料をつくるために、子どもと親にアンケートをとったことがありました。
アンケートにはいろいろな質問が含まれていましたが、集計結果がとても興味深かったのは次の質問です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもが何か言ったとき、親はすぐに「ノー」を突きつけます。
特に、親にとって不都合なことを言ったときは必ずそうなります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●何十年経っても忘れられない一言


私は、小学生のときに先生に言われた言葉で、忘れられない一言があります。
ある日の授業で、先生が出した問題に私が手を挙げて答えたときのことです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


親はしっかりやって当たり前。
子どものためにがんばるのが当たり前。
しっかりやらなければ文句を言われる。
ちょっとサボれば文句を言われる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


あるお父さんは、日ごろから1日1回は子どもを笑わせるようにしているそうです。
いつも上から目線で子どもを叱ってばかりの親には、思いもよらないことだと思います。
続きを読む


子どもたちには過去の重荷も未来への思い煩いもないんですね。
”今・ここ”に自分の全てを丸ごと注ぎ込んで、全身全霊で生きています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ