親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:苦手


Twitter

誰にも生まれつきの性格がある。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

算数の文章問題が苦手な子は多い。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

細かすぎる漢字指導が漢字嫌いを増やす。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


【質問】

小2の息子は運動が全般的に苦手です。
それで、何かのスポーツ少年団に入れようかと思っています。
そうすれば少しは運動ができるようになるだろうし、体力もつくと思います。
でも、本人もパパさんも反対しています。

ロカボさん(小2 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


大人でも子どもでも、片づけ・整理整頓が苦手な、いわゆるだらしがない人はたくさんいます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

朝起こしてもらったり、着替えや片づけを手伝ってもらったりしている子でも、自分の好きなことややりたいことがどんどんやれる子なら「自立」を心配する必要はない。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

子どもができないことや苦手なことに、目を瞑れるというのは、親としてとても大切な資質だ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

やるべきことをてきぱきできない子はたくさんいる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


苦手なことを直す、つまり自己改造というものは、子どもよりもかえって大人の方が可能性があります。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもには誰でも苦手なことやできないことがあるものです。
それを叱ってばかりいてもできるようにはなりません。
大切なのは合理的な工夫をして乗り越えることです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


掛け算の九九は足し算や引き算と並ぶ算数の土台の一つです。

3年生以降で学ぶことになる「2桁の掛け算の筆算」「割り算」「あまりのある割り算」「面積」「分数」「小数の掛け算」「倍数と約数」「割合」「分数の掛け算」「分数の割り算」「異分母分数の足し算」「異分母分数の引き算」「倍と割合」「比」といったあらゆる勉強で、九九はその土台となります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●漫画やキャラクター本でもOK とっかかりはハードルを低くして


「うちの子、本を全然読まなくて……」
「お友達は分厚い物語をスラスラ読んでいるのに、うちの子は漫画ばかり読んでいて……」
「子どもが本を読まない」と嘆いている親御さんは少なくありません。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子どもができないことについては、合理的な工夫をして、やりやすくしてあげることが大切です。
 

たとえば歯を磨くのを忘れるなら、お茶碗や箸を出すときに、ついでに歯ブラシも出しておくようにします。
やるべきことを忘れてしまうなら、お支度ボードでタスクの見える化をします。
時間にルーズなら模擬時計をつくって時間を見える化します。


でも、いくら工夫しても成果が出ないこともたくさんあると思います。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


【質問】


自分は年中女子のパパとして、子どもとできるだけ遊ぶなど、かわいがってはいるつもりです。
ですが、とにかくほめるのが苦手です。


妻に、「ほめてあげて」と言われても「ほめるのが苦手だから」と言ってしまいます。
「すごい。さすが」など、ほめる言葉を口に出して言うのが照れくさいのです。
自分の父親もそうでした。


ゆうたろうさん(年中女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お悩み

3年生の男の子の母ですが、子どもの不得意科目で悩んでいます。
国語や算数などの主要科目は普通にできるのですが、
音楽、図工、体育がまったくできないんです。
どうしたら得意にさせることができるでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



 
よく言われることですが、算数は積み上げ型の教科です。
ピラミッドの石を一番下から積み上げていくように、1つ1つ積み上げていく必要があるのです。
土台ができて初めて、その1つ上の段階に進むことができます。
土台ができていないところに、その上の部分を積んでいくことはできないのです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



【質問】


算数で、計算はまあまあなのですが、文章問題が苦手です。
何算でやればいいのかわからない、式が書けない、どの数をどこで使えばいいかわからない、などなど。苦し紛れに、文章問題に出てくる数を適当に当てはめて式をつくったりするので、りんご1つの値段を求める問題で2000円などというありえない答を平気で書いてしまいます。


相談者・ミカンレモンさん(小学6年生女子)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


鈴木さんの6年生の長女は朝起きるのが苦手です。
いろいろ工夫したのですが、なかなか自分で起きられません。
それで、鈴木さんは毎朝階段を上がって3階まで起こしに行きます。

あなただったら階段を上がりながらどう思いますか?


A.これはいい運動だ。ダイエットにもなるな

B.まったく毎日いい迷惑だ

C.こうやって起こしているといつまでも自立できないのでは?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


子どもが、学校で描いた絵を持ち帰って言いました。
「○○ちゃんがオレの絵を見て、『下手だね』って言った。オレ、絵が下手だからイヤになる」
と言いました。
たしかに、そう言われても仕方のないような絵に見えます。
あなたなら、何と言いますか?


A.絵が下手だと悲しいね。お母さんも下手だから、その気持ちよくわかるよ。

B.絵が下手でも、算数が得意だからいいじゃない。

C.そんなこと言われるとイヤだよね。
 でも、たくさんの色が使ってあって楽しい感じでいいじゃない。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


5年生のわが子は算数の文章問題が苦手です。
あなたの考えはどれに近いですか?


A.計算問題の反復練習をたくさんやって、計算力を付ければ文章問題にも強くなる

B.問題の文章を図や表で表す練習をすれば、文章問題に強くなる

C.読書を増やして読解力を付ければ、文章問題に強くなる
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ