親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:給食


Twitter

今も、多くの子どもたちが給食のことで苦しんでいる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


私が子どもの頃、同級生に里子ちゃんという女の子がいました。
家が近かったので、よく一緒に遊んでいました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お子さんが給食でつまずかないようにしてあげてください

 
入学して2週間目くらいになると給食が始まります。
楽しいはずの給食ですが、実は、給食でつまずく子がけっこういるということも知っておいていただきたいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


小学2年生のわが子は、食が細くて給食を全部食べられません。
1年生のときの担任は残してもいいと言ってくれていました。
2年生の新しい担任は「もったいないからもっと食べなさい」と言います。
それで、わが子はこのごろ元気がありません。
あなたならどうしますか?


A.たくさん食べられるようにするいい機会だから、わが子にがんばらせる

B.「食が細いから大目に見てください」と頼む

C.タッパーを持たせて、残ったものを持ち帰らせる
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


学校給食”と言えば、授業より楽しみ! という子どもがいる一方で、すべて食べきれないことで深刻に悩んでいる子どももいるといいます。
なかには給食の時間が恐怖で“学校に行きたくない!”と言い出す子もいるそう。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
小学1年生の息子は給食の牛乳が嫌いで飲めません。匂いがダメです。吐き気をもよおします。全部飲もうとすると気持ち悪くなって吐いてしまいます。日々楽しい学校生活も牛乳があるがため影を落としているように思われます。
給食の時間、先生は、「半分以上残してもいいよ」と言って励ましてもくれています。でもときどき叱咤激励のつもりなのか、「あれー、これだけ」と言われることもあるそうです。給食を食べ終わるのもいつも一番最後です。クラスで「ダメな子」とレッテルを貼られそうで、不憫です。(ゆうきママさん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
小学4年生の娘のことです。もともと食が細いので、これまでは自分の食べられる量を考えてあらかじめ減らしてもらい、残さず食べられるようにしていました。4年生になってからの担任の先生は、掃除の時間や休み時間になっても、食べ終わるまで席に残します。

最近では、給食のことが気になって、学校に行くことが嫌になってきているようです。様子を見ながら指導していただけるように伝えてはあるのですが、食べられないとすごく怒られるようです。良いアドバイスをいただけたら嬉しく思います。(tomoさん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ