親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:家庭


Twitter

この子は伸びると思われた子は、ピグマリオン効果によって実際に伸びます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



わたしが「親力」というものにそもそも着目したのは、いくら子どもに直接働きかけても簡単には変わらず、子どもの総合力を引き上げるには背後の親の存在が大きいと考えたからだ。


わたしは昨年まで23年間、静岡県の公立小学校の教師として約600人の子どもたちを担任してきた。
教師として経験を積めば積むほど、「親の力」ほど子どもたちにとって必要なものはないと痛感するようになり、クラスの懇談会で話し、学級通信で書いてきた。

 
そして、どうせならもっとたくさんの人に読んで参考にしてほしいと思うようになった。
そのころ、メールマガジン(メルマガ)という便利なものがあることを知り、2003年10月から「親力で決まる子どもの将来」というメルマガの発行を始めた。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ