親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:子


Twitter

夫婦は育ってきた環境や経験が違うのだから、人生観や子育てについての価値観に違いがあるのは当然だ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

共感的に聞いてくれる親なら、子どもは何かあったときも素直に言える。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

常にわが子にないものばかり求める「ないものねだり病」も深刻だ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子供はなるべく褒めて育てたいと思いつつも、叱ることの方が多くなりがちですよね。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●「がんばってるね」


子どもに「がんばってるね」と言ってあげましょう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


Twitter

親の愛情を実感できている子は、悪い誘惑があってもブレーキが効く。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもは大人に搾取されています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どものペースは生まれつきのものなので、簡単に変えることはできません。
無理なことをすれば、そのストレスによっていろいろな弊害が出てきます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


細かいしつけにこだわって叱ってばかりいるとよくありません。
子どものときにできなくても、大人になればできるようになるから大丈夫です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●何十年経っても忘れられない一言


私は、小学生のときに先生に言われた言葉で、忘れられない一言があります。
ある日の授業で、先生が出した問題に私が手を挙げて答えたときのことです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


【質問】

小学6年生の息子は、3年生からスポーツ少年団で野球をやってきました。
でも、中学の部活動では別のスポーツをやりたいと言い出しました。
本人はサッカーかバスケットボールを考えているようです。

親としては、野球ならレギュラー選手になれるだろうし、せっかくうまくなったところでやめるのはもったいない気がします。

パレットさん(小学6年男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもの好き嫌いをどう受け止めたらいい?


子どもが好き嫌いなく何でも食べてくれると、親はうれしいものです。
そういう子は育てやすいし、周りからもいい子に見えます。
続きを読む

↑このページのトップヘ