親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:地頭


子どもが「ウルトラマンしか興味がない」「電車のことしか頭にない」などの場合、親は「興味の幅を広げさせたい」「もっと意味のあることに熱中して欲しい」などと考えます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



「地頭(じあたま)」とは前回述べたように「ものごとを認識したり、考えたり、創造したりするような」基本的な能力である。
いわば、芽が出て大きく育つための土壌だ。

 
種をまけばすぐにでも芽が出るような土づくりを親御さんが生活の中で行っていくことが子どもの成長にとても役立つ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●やりたいことに熱中できている子が一番幸せ

 
各地の幼稚園・保育園、小・中学校で講演するとき、私は子どもの熱中体験の大切さについてよく話をします。
自分が本当にやりたいことに熱中できている子は一番幸せです。
そのとき幸せホルモンがたくさん出て、生きる喜びを感じることができます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもが「仮面ライダーしか興味がない」「電車のことしか頭にない」などという場合、親も先生も「そんなものはテストに出ない。勉強の役に立たない。もっと意味のあることに熱中して欲しい」と考えます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●地頭がいいと思う子は知的好奇心が旺盛。ではどうすれば…


こんにちは、親野智可等です。
早速ですが、私が地頭がいいなぁと感じる子は、知的好奇心が旺盛なことが多いです。
なぜ知的好奇心があるのかというと、子どものときから生活や遊びのなかで、知的に鍛えられているからです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までは子どもがしっかり勉強できるようになる工夫についてお話してきました。
今回は子どもの“地頭”をよくするためにはどうしたらいいのか、といったお話をしたいと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ