子どもには、子ども自身の人生を生きる権利があります。
親はその人生を少しの間預かって、お世話しているだけです。
それも、一人の人間としてこの先を生きていくための土台となる、最も大事な時期を預かっているのです。

続きを読む