親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

タグ:ストレス


親は子どもにとって圧倒的な権力者です。
ほとんどの親はその立場に甘えてやりたい放題です。
子どもを感情的に叱りつけたり、ときには叩いたりけったりなどの暴力も平気です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


人は誰でもイライラするときがあります。
そして、親たちは、つい自分のイライラを子どもにぶつけてしまいがちです。
続きを読む


【質問】

ペットの犬が死んでしまいました。
子どももかわいがっていたので、泣いてばかりいます。


「命あるものはいつか死ぬんだよ」と言うと、「わかってる」と答えるのですが、実際は泣いてばかりいます。
いつまでも泣いていないで、気持ちを切り替えて早く前向きになってほしいのですが。

タテヨコさん(小3女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


人はちょっとした感情の爆発でキレて、自分が積み上げてきたものを一瞬で失うことがあります。
職場でも家庭でもそういうことはよく起こります。
続きを読む


●親子間ハラスメントは存在する 母親は特に注意!


昨今相次ぐハラスメント報道に、日経デュアル読者の皆さんも、「私の職場でもあるかも」と敏感になっていると思います。
しかし、わが子に対してはどうでしょうか。


地位や優位性を背景に、弱い者に対して、苦痛を与えるハラスメントは家庭でも起こり得ます。
家庭におけるハラスメントの9割は親のストレス発散です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



わたしはあるサイトで教育相談を受け持っていて、お母さん方から多くの相談や悩みが寄せられる。
なかには、非常に深刻なものもあり、ため息をついたり、頭を抱えたりすることもしばしばだ。

 
こうした相談などを読んでいて思うことは、子育て中の母親たちの負担が高まっているということである。

 
そのストレスはすべて子どもたちに向かう。
イライラして怒鳴りつけたり、暴言を吐いたり、たたいたりなど虐待となって表れるのだ。
続きを読む




●質問



――子どもとの生活に煮つまって、子どもにあたってしまうことがあります。

どんなことに心がけたらいいでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加





大人が子どもに対して横柄に振る舞うとき、心のどこかに「子どものため」「しつけのため」という言い訳を用意しています。


ときには、「お前のためを思えばこそ」などと、口に出して子どもに言うときもあります。


でも本当は、この言い訳は誰よりも自分自身をだますために必要なのです。
では、なぜ自分自身をだます必要があるのでしょう?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


小3の子が初めてそろばんの試験を受けます。
「あ~、緊張する」と言う子に、あなたならどんな言葉をかけますか?


A.問題の数字をよく見なきゃダメだよ。1つのミスで不合格になるかも知れないからね

B.緊張するよね。でも、いつも通りにやればだいじょうぶだよ。深呼吸すると落ち着くよ

C.がんばってね。応援してるからね
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


ある日、みち子さんは、会社の同僚とのトラブルで仕事が進まずいつもより家に帰って来るのが遅くなってしまいました。
このあと、夕食の仕度と洗濯物の取り込みをして、明日の家庭訪問に備えての掃除もしなければなりません。
また、会社の書類作成という持ち帰り仕事もあります。

ふと見ると、子どもは片づけも宿題もやらずダラダラしています。
みち子さんは、自分が無性にイライラしてくるのに気がつきました。
あなたがみち子さんなら、どうしますか?


A.「今、お母さんイライラしてるから、そばにいない方がいいよ」と言う

B.「ダラダラしてちゃだめでしょっ!片づけて宿題やりなさいっ!」と言う

C.「あ~っ、忙しいのと子どもがダラダラしてるのでイライラしてきた!」と言う
続きを読む


●親のストレスは子どもにぶつけられる
 

親のストレスは、多くの場合子どもにぶつけられます。
あなたは、大丈夫ですか?
あなたは、上司に言われたひと言で腹を立て、優秀な同僚の業績にショックを受け、夫の無神経な振る舞いにムカッとしたとします。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●ストレスがないときは笑って許せるのに…


「また○○してない! ちゃんとやらなきゃダメでしょっ!」
「何度言ったらできるの? まったくあんたって子は!」
「なんでそんなにだらしがないの! そんなことでどうするの?」
「そんなこともできないの。もっとしっかりしなきゃだめでしょ。何年生だと思ってるの?」

続きを読む

↑このページのトップヘ