親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: 親子関係



子どもや家族の写真を撮るのは多くの家庭ではお父さんの役割だろう。


「お父さんも一緒に入りなよ」 と、子どもに誘われても、「お父さんはいいから。はい、笑って笑って」 などと断ってしまう人もいるのではないだろうか。

 
しかし、家族が写真に一緒に写ることは親子関係にとって大きな意味を持っている。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



友達力を身につけるには、思いやりの心と一人でいる力が大切だと前回、述べた。


そのため、親は思いやりを持って子どもを育てる必要がある。ところが、この思いやりを誤解している親が少なくない。

 
例えば、朝、学校へ出かける直前になって、子どもが「国語の教科書がない」と騒ぎ出したとき、「自分で前夜にちゃんと用意しておかない方が悪いのだから、ここは懲らしめるために放っておこう」と考える。
特に父親はそう考えがちだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

●「あんたに言われたくないよ」と思ってしまうとき

 

 

 

例えば、あなたの職場に自己中心的で嫌みったらしい上司・Aさんがいたとします。

 

その人は、人のあら探しばかりしていて、あなたに対しても些細なことで叱ったり嫌みを

言ったりしてきます。

 


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加





●朝からハイテンションな子どもたち

 
授業参観の日は子どもたちにとって特別な日です。 
6年生でも朝から落ち着かない感じです。

 
先生たちですら何となくそわそわしてしまいます。 
ましてや1年生の子だと、朝からかなりのハイテンションで興奮している子がけっこういます。
続きを読む



[ 問題 ]


親子で旅行中に新幹線の改札を出ようとしたら、子どもが「切符がない」と言って泣き出しました。
こういう状況で、あなたの実際の対応は次のどれに近いですか?


A.「だらしがないからなくすんだ」と叱り、見つかるまで自分で探させる

B.「だらしがないからなくすんだ」と叱りながら一緒に探してあげる

C.「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と安心させながら一緒に探してあげる
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


パートで仕事をしている鈴木さんは、職場の人間関係でストレスがたまったとき6年生の娘さんにその愚痴を聞いてもらっています。
でも、ある日、ママ友達に「そういうのってよくないんじゃない?」と言われました。
あなたはどう考えますか?


A.子どものためにならないから、やめるべきだ

B.子どものためにもなるから、愚痴を聞かせた方がいい

C.子どもが嫌がらずに聞いてくれるなら、愚痴をこぼしてもいい
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


このごろませてきた6年生の娘のことが心配で、父親が叱ることが増えました。
それで、娘は父親を避けるようになってきました。
2人の関係をよくしてやるために、あなたならどうしますか?


A.娘には「お父さんはあなたがかわいいから言うのよ」と言う。
 父親には「○○はお年頃だからね。私もそうだったわ」と言う

B.娘には「お父さんが『○○はよく気が付く優しい子だ』と言ってたよ」と言う。
 父親には「○○が『お父さんの仕事って大変だね』と言ってたよ」と言う

C.娘には「お父さんが『○○には困ったもんだ』って心配してたよ」と言う。
 父親には「○○が『お父さん、うるさすぎ』って言ってたから、気をつけて」と言う
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


A子さんは3年生の時から釣りに夢中で、暇さえあれば男子の友達と釣りに行きます。
5年生のとき、親がA子さんに中学受験をすすめたら、「釣りに行く時間がなくなるから、絶対イヤ」と言われてしまいました。
6年生になって、「中学で困らないように英語の塾に行っておこう」とすすめたときも、「絶対イヤ」と言われてしまいました。

あなたはどう思いますか?


A.「イヤ」と言えるのはすばらしいことだ

B.親子の信頼関係がないので、子どもが素直になれないのだ

C.子どもの将来のことを考えたら、親の言うことを聞かせるべきだ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


わが子が学校から帰ってきて、「今度隣の席になった子が、なんかへんな臭いがして嫌だな」と言いました。
これを聞いたあなたは、何と言いますか?


A.そんなことを言うもんじゃありませんよ

B.どんな臭いなの?

C.先生に言って席をかえてもらいましょう
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 問題 ]


ある日曜日、決めてあった朝の玄関掃除ができていなかったので子どもを叱りました。
イライラしていたので、つい必要以上にきつく叱ってしまいました。
午後になっても、お互い気まずい雰囲気です。

あなたならどうしますか?


A.「叱り過ぎて、ごめんね」と言う

B.「これからしっかりやってくれると信じて、今日は許してあげるね」と言う

C.特に何もしない
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]

小学6年生のE君がこのごろ元気がないので、お母さんは心配でたまりません。
そういえば、以前はよく一緒に遊んでいた友達のF君と、このごろ全く遊んでいないようです。
E君が全然元気がないのは、その辺に理由がありそうだとお母さんは思っています。
どうやって切り出したら、 うまく話を引き出せるでしょうか?

A.F君にいじめられているの?

B.F君とけんかでもしたの?

C.F君は、このごろどう?

D.このごろF君と遊ばないね
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


NHKの「プロジェクトX(エックス)」という番組が好きで、見られるときはできるだけ見ていました。
特に、技術者たちが新しい技術を開発していく姿を描いたものが好きでした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 2歳の子どもを育てている専業主婦ですが、パートの仕事に出ようか迷っています。保育園も見つかったのですが、実母に「3歳までは本当に大事な時期。だから、ずっと母親のもとで育てたほうがいい」と言われます。

 でも、このごろ育児に疲れ気味で、ちょっとしたことでイライラして叱ってしまいます。
 
相談者・もともともとこ さん (2歳 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


「いまひとつ子供をかわいく思えない・・・」
「なんとなく子供と馬が合わない・・・」
「兄弟のうち1人はかわいいのに、なぜか、もう1人はそれほどかわいく思えない・・・」
このように感じている方はいませんか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

授業参観の日、子供たちはどの子も朝から興奮しています。
特に、低学年の子はそうです。
いつも落ち着いて勉強している子でも、そわそわしてしまいます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 シングルマザーで仕事をしながらの子育てです。子どもと過ごす時間が少ないので、子どもが愛情不足にならないか心配です。触れ合いを増やしたい、しつけもしなければ、宿題も見てあげたい……。でも、仕事の時間を減らすと経済的に成り立ちません。
 
 私の子育ては大丈夫でしょうか? 子どもをしっかり育てられるのでしょうか?

相談者・てんてこまい さん (小学1年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


人間関係をよくするために写真が活用できます。
例えば、兄弟の仲をよしたいと思ったら、兄弟が仲よく写っている写真をたくさん貼っておきます。
2人並んで笑っている写真、肩を組んでピースをしている写真、一緒に遊んでいる写真などです。続きを読む



今回の相談
 
仕事の都合と家庭の事情で、旦那、つまり子どもたちのパパが単身赴任することになりました。初めてのことなのでいろいろ不安で、特に子どもへの影響が気になります。これから、パパと子どもたちの人間関係をうまく保っていくにはどうすればいいでしょうか? (PFすみずみ さん:小学1年生と年中の女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 息子は友達に貸すためにゲーム機とソフト5本を学校に持って行き、先生に取り上げられました。1週間後に親子で学校に行き、以後親子で決まりを守る約束をして返してもらうことになりました。

でも、私は持ち込み禁止になっているのを知りつつ決まりを破った息子が許せませんでした。それで、学校に行ったとき先生に謝って決まりを守る約束もしましたが、ゲーム機とソフトは半年先生に預かってもらうことにしました。

でも、それから息子が私と口を利かなくなりました。ちょっと厳しくしすぎたかなという気持ちと、いやこれで良いのだという気持ちの間で揺れています。(フェイスバック さん:小学6年生男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先生だった頃、私は子どもたちに自分が子どもだった頃のことをよく話してあげました。
とくに、人気があったのは私が失敗した話です。

トイレに落書きをして怒られたこと、ソロバンの試験に落ちたこと、かくれんぼの最中に肥だめに落ちたことなどは大受けでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談
 
自分は、どうも子どもに軽く見られているような気がしています。

子どもの口の利き方や態度から、それが感じられます。そういう時、私も頭に来てつい厳しく言ってしまうのですが、それがいけないのでしょうか。小さい時から、マナーや言葉づかいや挨拶(あいさつ)などのしつけだけは厳しくしてきたつもりです。親に対する口の利き方もしつけてきたつもりです。それが、なぜこうなるのかわかりません。

できたら、子どもに尊敬されたいものです。それが無理でも、せめて親としての地位(立場)を維持したいと思います。何か良い方法はないでしょうか? (チャンス さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談
 
自分は、どうも子どもに軽く見られているような気がしています。

子どもの口の利き方や態度から、それが感じられます。そういう時、私も頭に来てつい厳しく言ってしまうのですが、それがいけないのでしょうか。小さい時から、マナーや言葉づかいや挨拶(あいさつ)などのしつけだけは厳しくしてきたつもりです。親に対する口の利き方もしつけてきたつもりです。それが、なぜこうなるのかわかりません。

できたら、子どもに尊敬されたいものです。それが無理でも、せめて親としての地位(立場)を維持したいと思います。何か良い方法はないでしょうか? (チャンス さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てがすでに終わった人たちからこういう話をよく聞きます。

「子どもの成長はあっという間だった。もっと楽しめばよかった」。「忙しい忙しいと仕事に追われ、気づいたら子どもは大人になっていた」。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
子どもの教育やしつけに関して周囲から過保護だと言われます。

日中は仕事をしていますが、家に帰ってからは子どもの塾や習い事の送迎、宿題を見たり遊び相手になったりで忙しい毎日です。学校のPTA活動や地域の児童クラブなどの行事にも積極的に参加しています。父親は忙しいし両親とも同居ではないので、子どものことはほぼ一人でこなしており、子どもも私にべったりという状態で、家族や友人にも手をかけすぎていると指摘されます。私が心配性なところからもそう評価されるようです。

「このままでは子どもが自立できないのでは?」「うまく子離れできないのでは?」「子育て後に燃え尽き症候群になるのでは?」と思う時があります。でも今が子どもに手をかけてやる大切な時だとも思います。子どもとの距離をうまくとって見守る心がけはありますか?(ゆうはは さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


質問

子どもの教育やしつけに関して周囲から過保護だと言われます。

日中は仕事をしていますが、家に帰ってからは子どもの塾や習い事の送迎、宿題を見たり遊び相手になったりで忙しい毎日です。学校のPTA活動や地域の児童クラブなどの行事にも積極的に参加しています。父親は忙しいし両親とも同居ではないので、子どものことはほぼ一人でこなしており、子どもも私にべったりという状態で、家族や友人にも手をかけすぎていると指摘されます。私が心配性なところからもそう評価されるようです。

「このままでは子どもが自立できないのでは?」「うまく子離れできないのでは?」「子育て後に燃え尽き症候群になるのでは?」と思う時があります。でも今が子どもに手をかけてやる大切な時だとも思います。子どもとの距離をうまくとって見守る心がけはありますか?(ゆうはは さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●私と同じことをしている人たちがたくさんいる


私は叱りすぎることで学級崩壊に至り、そのときはじめて信頼関係が崩れることの苦しみを知りました。

続きを読む


今週の相談
 
幼稚園年少の息子です。園では活発で問題ないそうですが、家で荒れて困っています。思いどおりにならないと暴言(あっち行け、ママなんか大嫌い、家も壊してやる)をはいて本気でけったり殴ったりしてきます。

一人っ子のためか降園後つまらなそうで、でも校区外の園に行っているため近所に気軽に遊べる友達もおらず、それが寂しいのかもしれません。習い事や延長保育も嫌がるため、私が相手をしたりしますが、家事もあるし「一人で遊んでほしいな」と途中でイライラしてしまいます。遊びも親が相手だと限度を超えてぶつかってきて、言っても聞かないため最後は怒って終わります。息子にどうしてやればいいのか迷います。(ねいこ さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 後編はこちら 

今週の相談
 
幼稚園年少の息子です。園では活発で問題ないそうですが、家で荒れて困っています。思いどおりにならないと暴言(あっち行け、ママなんか大嫌い、家も壊してやる)をはいて本気でけったり殴ったりしてきます。

一人っ子のためか降園後つまらなそうで、でも校区外の園に行っているため近所に気軽に遊べる友達もおらず、それが寂しいのかもしれません。習い事や延長保育も嫌がるため、私が相手をしたりしますが、家事もあるし「一人で遊んでほしいな」と途中でイライラしてしまいます。遊びも親が相手だと限度を超えてぶつかってきて、言っても聞かないため最後は怒って終わります。息子にどうしてやればいいのか迷います。(ねいこ さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談


小学3年生の息子はいまだに親子で一緒に寝たがります。少し前までは部屋数の関係で私と息子が必然的に一緒に寝ていました。最近は自分の部屋もできて喜んでいたのですが、寝るときは以前のままです。そろそろ別々に……と思うのですが「一緒がいい」と言います。これからどのように促したらよいでしょうか。(スマイル41さん)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
小学6年生の息子のことです。高学年になったら、今まで気にならなかった他人の目が急に気になりだした様子。「みんなもやっていないので宿題はやらない」「みんなと同じ文房具を持ちたい」「みんなと同じふうにしないと不安」などなど。

その気持ちを理解できないわけではないのですが、息子が言う「みんな」は自分の友達のことで、クラス全員ではないのですよね。宿題をやる子もいるのですが、都合の悪いことは言わないで、親を説得しようとしてくる年ごろになってきました。子どもにどのように話せば、親の気持ちがわかってもらえるでしょう。(そらまめさん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
中学2年生の息子のことです。PTA役員をしているので、学校に行くことが多く、割と情報ももっています。でも子どもからすると、親の立場は仕方ないとわかっていながら「役員を引き受けるな、格好が悪い」と嫌な顔をします。私もやりたくてやっているのではないので、役員を引き受けることで親子関係が悪くなることがすごくつらいです。(泥んこさん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、子どもが「先生に叱られて頭にきちゃった」と言ったら、あなたはどうしますか?
「そんなこと言っちゃダメでしょ。明日先生に謝りなさい」と言いますか?

続きを読む

「また出しっぱなし!」「宿題は?」優しい母でいたいと思う気持ちと裏腹に、思うようにならないわが子についガミガミ……家族のために日々奮闘するお母さんたちが、子育てのイライラから解放されて、もっと楽に子どもと向き合うにはどうしたらいいのでしょうか? 教育評論家・親野智可等さんに“子育てが楽になるおへそ”についてうかがいました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●過熱する中学受験

近ごろ、中学受験のブームが過熱する一方で、その勢いは留まるところを知らない感じです。この流れは、「一億総中流」と言われた時代が終わり、格差の大きさが意識され「勝ち組負け組」という言葉が流行ったころから顕著になりました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校の先生だったとき、私は自分が子どもだった頃のことをよく子どもたちに話してあげました。

とくに人気があったのは失敗談です。

運動会の徒競走でビリになったこと、トイレに落書きをして怒られたこと、ソロバンの試験に落ちたこと、かくれんぼの最中に肥だめに落ちたこと、などは大受けでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

職場でもプライベートの付き合いでも、大人同士の間では、すぐイライラする人は軽く見られます。
すぐに声をあらだてたり感情的な言い方をしたりする人は、なおさらです。

そういう人がいくら口で立派なことを言っても、周りの人は言うことを聞きません。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、子供の頃、母親に耳の掃除をしてもらうのが大好きでした。

耳の掃除というものは、自分でするよりも人にしてもらう方が断然気持ちが良いものです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

これは、私の友人A男さんに聞いた話です。
A男さんは、普通の家庭に育ち今は公務員をしています。

彼は、思春期に自分の父親のことを大変嫌った時期がありました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は、23年間、小学校の教壇に立ってきました。その間に、600人以上の子供を受け持ち、いろいろな子供や親たちと接してきました。
 世間では、「このごろの子は親によるしつけができていない」という言い方がよくされます。でも 、私は特にそう感じたことはありません。それよりも、「この子は親の愛情を実感できていないな」と感じることの方が多かったです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ