親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ:勉強 一覧 > 算数


私が小学1年生を初めて教えたとき、ある会社の算数の教科書にとても印象的なページがありました。
そのページには、カラフルな写真がいっぱい載っていました。
イラストや文章や式などが多い他のページと違って、そこだけは写真が中心でした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●式がつくれないのは文章の内容がイメージできないから


計算はできるけど文章問題が苦手という子がいます。
それは、つまり、式をつくるのが苦手ということを意味します。
そもそも、加減乗除のうちのどれにすればいいかわからないということも多いようです。
では、その理由は何なのでしょうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●分数は子どもにとってかなり不思議な数


今の子どもたちは、2年生の3学期に分数を勉強することになっています。
「今の子どもたち」と書いたのは、つい4年前の2009年度までは4年生の勉強だったからです。
学習指導要領の改訂で、一気に2年早くなったわけです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●文章問題を作るコツ


私が教師として最後に受け持ったのが2年生でしたが、そのときの教え子にYさんという女の子がいました。
その子は、毎日欠かさず自主勉強をやってきました。
特によくやってきたのが算数の文章問題でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●足し算・引き算の元になるのが数の合成・分解


1年生の算数は「1,2,3…」と物を数えるところから始まります。
そして、「3と2で5。5は3と2」「5と4で9。9は5と4」「7と3で10。10は7と3」などの数の合成・分解の勉強をしてから足し算や引き算に入っていきます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●あり得ない答えを書く子


算数のテストで、「①89×37=31293」とか「②4100÷5=82」などという答えを書いたまま平気で出してしまう子がいます。
(正解は、①が3293で②が820です)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●文章問題には不必要な数が出てこない


前回のコラムで次のようなことを書きました。

↓↓↓↓↓

かけ算のテストの時にはかけ算の文章問題しか出ないので、かけ算でやればいいことがわかりきっている。
子どもは、問題の文章に出てくる数をどう組み合わせるかを考えるだけでいい。
「これは何算で解くのか?」と考える必要がないので実力がつかない。

続きを読む

●かけ算のテストではかけ算の問題しか出ない


授業で一つの単元が終わると、その単元のテストが行われます。
例えば、かけ算の単元が終わるとかけ算のテスト、割り算の単元が終わると割り算のテストというようにです。
テストの中には計算問題だけでなく文章問題も含まれます。

続きを読む

●名前を丁寧に書くとミスが減る


子どもは、足し算、引き算、かけ算、わり算などの筆算で、やり方はわかっているのにケアレス・ミスで間違えることがよくあります。
これを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?

続きを読む

●積み上げ型教科では早めにつまずきの修復を


算数は、ピラミッドの石を積み上げていくように学習内容を積み上げていくので、積み上げ型の教科と言われています
どこかにつまずきがあると、その後の学習に大きく響きます。
そこで大切なのが、つまずきをできるだけ早く見つけて修復することです。

続きを読む


今週の相談
 
小学5年生の息子は、小さい時からマイペースで生き物好きでした。学校の勉強の中で特に興味を持つのも理科や図工です。存分にやらせてあげたい気持ちはあるのですが、算数に関しては宿題をやらない、授業中わからなくて固まる、計算をやろうとするだけで涙ポロポロになる……というようになってきました。本人はなんとか避けてとおりたいようですが、中学校に行っても数学は必須です。

苦手意識を克服するためにいろいろ試しましたが、親が相手だと甘えが出たり、親も「なんでわからないんだ」と熱くなりすぎたりしたので、塾に10カ月通って3年までの復習ができました。算数が好きにはなっていませんが、計算の間違いやスピードはよくなってきました。勉強の仕方や対応を見直す時期のようにも思うのですが、決断できません。(ひだまり5884 さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の相談
 
小学5年生の息子は、小さい時からマイペースで生き物好きでした。学校の勉強の中で特に興味を持つのも理科や図工です。存分にやらせてあげたい気持ちはあるのですが、算数に関しては宿題をやらない、授業中わからなくて固まる、計算をやろうとするだけで涙ポロポロになる……というようになってきました。本人はなんとか避けてとおりたいようですが、中学校に行っても数学は必須です。

苦手意識を克服するためにいろいろ試しましたが、親が相手だと甘えが出たり、親も「なんでわからないんだ」と熱くなりすぎたりしたので、塾に10カ月通って3年までの復習ができました。算数が好きにはなっていませんが、計算の間違いやスピードはよくなってきました。勉強の仕方や対応を見直す時期のようにも思うのですが、決断できません。(ひだまり5884 さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

算数の「割合」の勉強は子どもたちがとても苦労する勉強の一つです。
苦手意識を取り除くためには生活の中で割合に親しむことが大切です。

続きを読む

「水のかさ」の勉強でも、「重さ」や「長さ」の勉強と同じで、「水のかさ」を実際に量る経験をたくさんすることが大切である。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「重さ」の勉強でも、「長さ」の勉強と同じで、「重さ」を実際に量る経験をたくさんすることが大切である。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「長さ」の勉強で大切なのは、何と言っても実際に物の長さを測るという経験である。

学校の授業で「長さ」の勉強が始まる前から、その経験を日常生活の中でたくさんさせておくと、子供は自信を持って授業に取り組むことができる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば子供と一緒に食事の支度をしているとき、「イチゴが十二個あるけど、四人で分けたら一人分は何個かな?」などと言って、少し考えさせてから実際に分けさせてみる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

九九は小学二年生で勉強するが、完全制覇して三年生になる子は半分に満たない。
九九の完全制覇とは、上がり九九、下がり九九、ばらばら九九の三つが完全にできるということである。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

算数が好きで得意になるためのアプローチには、大きく分けて2つの方法があります。1つは、いわゆる勉強としてがんばる方法です。

たとえば、5+8、12-7、9×8など単純計算の反復練習をしたり、文章問題や図形問題を解いたりすることです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

いま、算数・数学の分野で非常に重要視されているのが数学的思考力や応用力と言われるものです。

つまり、ただ計算が速いとか、解法のテクニックをたくさん身につけて既に習った問題を素早く的確に解けるというだけでは十分ではないのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ