親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ:勉強 一覧 > 国語


[ 問題 ]


子供の毎日の宿題として日記が出ます。
我が子が書いたものを読むと、いつも平仮名が多くて、習ったはずの漢字もあまり使われていません。
さて、このような場合、あなたならどのように対応しますか?


A.まず、習った字は漢字に直させる。その後で、中身に大いに共感して褒める
B.まず、中身に大いに共感して褒める。その後で、習った字は漢字に直させる
C.とにかく中身に大いに共感して褒める。あまり漢字のことには触れない
D.正しい表記を身に付けられるように、習った漢字を使って書くことを重点的に指導する

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもが習った漢字を使わない理由は3つある


親のほうは、学校で習った漢字は、日記や作文で、あるいはノートに書くときに使って書くようにさせたいと思っています。
でも、子どもはなかなか漢字を使ってくれませんね。
私は次のような理由で漢字を使わないのだと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもにとって漢字の学習は大きな負担


1年生で習う漢字は80字で、2年生はその倍の160字です。
3年生と4年生が200字で一番多く、その後少し減って5年生で185字、6年生で181字です。
また、学年が上がるに連れて、習う漢字の画数が増えたり読み方が複雑になったりもします。
これはよく考えてみれば大変なことです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●語彙力は学力に直結する


学力を上げるためには、たくさんの言葉を身につけることが大切です。
語彙力が高ければ教科書や本を読んでもよくわかるし、自分の考えを適切に表現することもできます。
つまり、語彙力は学力に直結するのです。

続きを読む

前回に引き続き国語のテストの鉄則の3つめを紹介します。
鉄則3:目的を聞かれたら「~ため。」と答える続きを読む

鉄則1:もとの文章を勝手に書き換えないで答える。できるだけもとの文章をそのまま使って答える
鉄則2:理由を聞かれたら「~から。」と答える


続きを読む

●これはどういう並び方?


次の漢字の並び方を見て、何か気がつくことがありますか?
春→間→問→右→有→胃→男→努

続きを読む

●これ、読めますか?


ある男の子が家に帰ったら、玄関に次のような張り紙があったそうです。


岡襟。気世雨野有半葉素木屋記

続きを読む

●平仮名ばかりで漢字がない


みなさんが子どもの日記や作文を見たとします。
そしたら、習った漢字があまり使われてなくて平仮名ばかりだったとします。
このような場合、あなたならどのように対応しますか?
次の3つの中から、自分に近いものを選んでみてください。

続きを読む



今回の相談
 
 毎日の宿題で国語の教科書を読んでいるのですが、もうとっくにすらすら読めますし、何週間も同じところが続き正直言ってマンネリ化しています。宿題なので一応読んでいますが、聞くほうも飽きてしまっています。(さわやかはるかぜ さん:小学6年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 通信教材で漢字の丸つけをするとき、どれくらい細かく厳密に見ればよいのか迷っています。とめ・はね・はらいがちょっと違ってもバツにしたほうがよいのでしょうか? パパの丸つけはすごく厳密なので、子どもは嫌がります。やり過ぎると漢字嫌いになるような気もします。(のど自慢 さん:小学3年生女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもが宿題の書き取りをやったとします。それを親であるあなたが見たとします。そのとき、あなたの第一声はどうなりそうですか?続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
習った漢字が使えなくて困っています。
作文や日記を見てみると、簡単な(画数の少ない)漢字は使っているのですが、せっかく教わってきた漢字がひらがなで書いてあるものがとても多いのです。
算数や理科、社会でも漢字で書けるはずの言葉がひらがなで書いてあり、漢字を使うことがめんどうなのか、注意してもその時だけで、自分で気を付けて漢字を使うことをしません。
どのようにすれば進んで漢字を使うようになるのでしょうか。(よっちゃんままさん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
中学2年生の息子のことです。国語の成績が良くありません。中2にもなっていまさらなのですが、どのように指導したらいいのかわかりません。数学・理科・社会の学科別の成績は良いのですが、総合では、国語が足を引っ張っている感じです。(イガイガチョコさん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

語彙力を上げるためには、生活の中で国語辞典に親しむことが大切です。
例えば、テレビで聞いたり本で目にしたりした言葉を、国語辞典でどんどん調べてマーキングしていくと効果的です。

この他にも、国語辞典を使った楽勉としてお薦めなのが国語辞典クイズです。

続きを読む

国語が嫌いで苦手な子は多い。少しでも改善したいなら、次のようなカルタを作って家族で遊ぶことをお勧めする。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにしかない学校の作文の時間でしか文章を書かないというのでは、書く力が伸びるはずはない。気楽に書く「楽書き」を、日々の生活の一部にするとよい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、小学三年生で「お母さんの紙びな」という物語を勉強しているとしよう。そこで、先生が「お母さんの悲しい気持ちが分かる文に、線を引きなさい。」という問題を出したとする。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

既に読書の習慣が身についている子は、幸せだ。だか、そうでない子に新しく読書の習慣をつけるには、どうすればよいだろうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

国語の力とは何か?それは、次の五つである。語彙力、読み取る力、書く力、聞き取る力、話す力。 したがって、国語におけるつまずきとは、この五つの力が十分ではないということである。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ