親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: その他



[ 問題 ]


我が子は、4年生になり、4月から算数の自主勉をがんばってきました。
その結果、我が子にしては1学期の算数テストの点数がとてもよくて、平均が90点でした。
前の学年の3学期の平均は70点だったので、20点も上がったわけです。
ところが、終業式の日に成績表をもらってきたら、去年よりも算数の成績が下がっていました。
子どももかなりがっかりしています。あなたならどうしますか?


A.「このままがんばれば2学期には必ずよくなるよ」と言う

B.先生に聞きに行く

C.「あなたがよくがんばったのをお母さんは知ってるよ。きっと先生の間違いだよ」と言う
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 問題 ]


小学1年生と4年生の我が子は、2人とも水泳が苦手です。
そこで、市民プールに連れて行って、親子で練習したいと思います。
2人とも顔を水につけることはできるのですが、水の中で目を開くことはできません。
どうも、まだ水がこわいようです。


まず、水に慣れさせるために、水かけごっこ、顔つけ、もぐりっこ、水中ジャンケンなどから始めるつもりです。
でも、ゴーグルをつけさせた方がいいかどうか迷っています。あなたならどうしますか?


A.2人ともゴーグルをつけさせる

B.2人ともゴーグルをつけさせない

C.1年生の子にはつけさせて、4年生の子にはつけさせない
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 問題 ]


「ねえ、お父さんやお母さんはどう思う?」と言いながら、5年生の娘A子さんが次のような話をしてくれました。


ある日、担任の先生がこう言いました。
「来月クラス対抗リレーをやります。選手は男子4人女子4人です。今から10日後の体育の時間に100メートル走のタイムを測って、その記録で選手を決めます」。
そして、その日タイムを測ると、クラスで一番速いと思われていたB君が意外と遅くて、5番という結果でした。


A子さんがこっそりB君に聞いたところによると、そのときお腹が痛くてうまく走れなかったそうです。
A子さんは先生にもう一度B君のタイムを測ってくれるように頼みましたが、先生に断られてしまいました。
納得がいかないA子さんは、お父さんやお母さんの意見を聞きたいと思っています。
あなたは、A子さんになんと言いますか?


A.もう1度測る必要はない

B.B君のタイムをもう1度測ってやればいい

C.上位5,6人のタイムをもう1度測ってやればいい

D.全員のタイムをもう1度測ってやればいい
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 問題 ]


我が子の学校では、同じ学年に2クラスあります。
隣のクラスのベテランの先生は、いろいろな植物を栽培するのが得意なようです。
休み時間にも子どもたちとミニトマトやサツマイモなど、いろいろなものの世話をしています。
そのクラスの子どもたちは、普段できない貴重な経験をしているようでうらやましいです。


我が子のクラスの若い先生は、子どもたちと歌ばかり歌っています。
もっと、隣のクラスのように体験的な活動をさせてやってほしいと思っています。
あなたなら、どうしますか?


A.別に何もしない

B.学年で揃えて栽培体験の方に力を入れてもらうように、隣のクラスの先生に頼む

C.学年で揃えて栽培体験の方に力を入れてもらうように、担任の先生に頼む

D.「うちのクラスの子は歌が好きになりましたね。栽培も得意になるといいな」と、担任の先生にれとなくほのめかす
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 問題 ]


親戚同士で食事をしたとき、わが子の利き手について、父方のおじさんにこう言われました。


「おや、○○ちゃんは左手でお箸を持つんだね。これから右手で持てるように変えていった方がいいよ。字も右手の方が書きやすいし、はさみも右手の方が使いやすいし、右利きの方がいろいろ便利だよ。左利きだとハンディキャップになるよ。まだ1年生なんだから、今からなら直せるからね。とりあえず、お箸だけでも右手で持てるようにしていったら?」


さて、あなたならどうしますか?


A.これからは、左手で持つのは禁止して、右利きにさせる

B.いきなりは無理だから、右手と左手を交代に使って慣れさせて、だんだん右利きにさせる

C.右手と左手を交代に使わせて、両手利きにさせる

D.左利きのままでいいので、右手で持たせる練習はしない
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


A小学校では、毎年4月1日に新しい1年生のクラス編成を発表します。
学校の玄関にクラス名簿を張り出すので、Bさんは今年1年になるC子ちゃんと見に行きました。
1年生のクラスは3つで、C子ちゃんは1組になるということが分かりました。


ところが、同じ保育園から上がるほかの2人は同じクラスで、3組です。
C子ちゃんはそれを見て、「ずる~い」と言い出しました。
Bさんも「同じ保育園から来る子は3人しかいないんだから、どうせなら3人とも一緒にするかバラバラにするか、どちらかにしてもらいたい」と思いました。


あなたなら、どうするでしょうか?


A.学校に申し出る

B.保育園に頼んで学校に言ってもらう

C.「だいじょうぶだよ。すぐに新しいお友達ができるよ」と言う

D.「お友達ができるように先生に頼んであげるよ」と言う
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]


小学1年生の子のパジャマを買いに行きました。
あなたなら、次のどのタイプのパジャマを買いますか?

A.頭からかぶるTシャツタイプのパジャマ

B.前をボタンでとめるパジャマ

C.前をホックでとめるパジャマ

D.ファスナーで前を閉めるつなぎタイプのパジャマ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 問題 ]


6年生のわが子も、いよいよ小学校生活最後の3学期を迎えました。
中学に進んでもがんばってほしいと思います。
さて、この時期にあなたが子どもにさせることは次のうちどれですか?

A.1年生のときの身長や体重と今のを比べてみる

B.1年生のときの運動の記録と今のを比べてみる

C.1年生のときの教科書、ノート、テスト、作文などを見てみる

D.今までのものはとくに見ないで処分し、すっきりした気持ちで中学に進ませる
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

4歳の息子は、何か見つけると急に猛ダッシュで走り出します。事故防止のためにハーネスを使いたいと思うのですが、身近な人に「そんなの恥ずかしい。犬じゃあるまいし。ちゃんと言い聞かせるのがしつけだ」と反対されています。

相談者・エアコンスマイル さん (年少 男子) 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 ある時、子どもが「××するより、お菓子を先に食べたい」と言ったので、私はイラッとして「わがまま言わないで」と答えました。すると、夫が私に「別にわがままじゃないよ。だって、○○だもの」と言いました。こういうことがよくあります。私は子どもが言ったことや行動に対して、すぐ悪いほうにとってしまいがちなようです。

相談者・あまがっぱ さん (年長 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

子どもが好きなことを応援して、熱中体験をさせてあげると、よいことがいっぱいあると聞きました。ぜひそうしてあげたいと思うのですが、うちの子が何が好きなのかわかりません。特に好きなことがないみたいなのです。

相談者・京都ママ さん (小学3年生 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 息子はサッカーのスポーツ少年団に入っているのですが、そこの監督が、「靴の整頓ができないような子は、サッカーもうまくならない」「宿題をやらなかったり忘れ物をしたりする子は、サッカーも見込みがない」と言いました。ちょっと違うような気がするのですが、親野先生はどう思いますか?

相談者・理不尽 さん(小学2年生 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子供を伸ばすコツは、ずばり、好きなことや得意なことを伸ばしてやることです。
これに尽きます。
でも、こういうと、多くの親たちはまずこう言います。
「それほど、好きなことや得意なこともないみたいだけど」。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●探すときは見つからないダンゴムシ


6月のこの時期は、生活科で「虫と遊ぼう」という授業をやるところが多いと思います。
私も2年生を受け持ったとき、学校の敷地内にある築山の辺りでダンゴムシ探しをやりました。
でも、ほとんどの子は2,3匹見つけるのがやっとでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


ことわざは人生を生きる知恵の結晶です。日々の生活の中で折に触れて、子どもたちにことわざを教えてあげましょう。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもが「仮面ライダーしか興味がない」「電車のことしか頭にない」などという場合、親も先生も「そんなものはテストに出ない。勉強の役に立たない。もっと意味のあることに熱中して欲しい」と考えます。続きを読む


●標語は大切なことを思い出させてくれる


「何度言ったらできるの?」
これは、親であるみなさんが非常によく口にする言葉だと思います。
本当に、子どもは同じことを何度言われてもできないものです。
というより、実は、子どもだけでなく大人でもそうですね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 子育てについての考え方が夫と私でまったく違い、困っています。
 たとえば、私は食事と決められたおやつの時以外は食べさせたくないのに、夫はけっこう気ままに食べますし子どもにも食べさせます。先日「今日は玩具は買わないよ」と約束してスーパーに行ったのに、私が買い物している隙に夫が玩具を買おうとしていました。それで私も切れて言い合いになってしまいました。

相談者・ゆうかり さん (小学2年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●疲れて玄関のドアも開けられなかった1年生の子

 
これはあるママさんに聞いた話です。
ママさんはスーパーで買い物中に、1年生のわが子が2,3人の友達と下校しているところを見ました。
強い日差しの中を歩いているのを見て、「そうだ、大好きなオレンジジュースを飲ませてあげよう」と思いついて買い足しました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談

 親バカで恐縮ですが、うちの娘は算数と運動がよくできて、性格も明るくてあいさつもよくします。
 それで、先日あるお母さんにこの3つのことをほめられたのですが、私は「でも、家ではだらしがないんですよ。お手伝いも2、3回叱られてやっとやるんです」と答えました。それを聞いていた娘に、あとで「なんであんなこと言うの?」と反発されてしまいました。
 こういうとき何と答えたらいいのか迷います。「本当にそうなんですよ。算数も運動もあいさつもできてうれしいです」なんて言えないし……。下手に答えて「自慢している」と思われて、ママ友関係がまずくなるのは避けたいです。
相談者・こっこ さん(小学4年生女子の保護者)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ