親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: その他



今回の相談

 ある時、子どもが「××するより、お菓子を先に食べたい」と言ったので、私はイラッとして「わがまま言わないで」と答えました。すると、夫が私に「別にわがままじゃないよ。だって、○○だもの」と言いました。こういうことがよくあります。私は子どもが言ったことや行動に対して、すぐ悪いほうにとってしまいがちなようです。

相談者・あまがっぱ さん (年長 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

子どもが好きなことを応援して、熱中体験をさせてあげると、よいことがいっぱいあると聞きました。ぜひそうしてあげたいと思うのですが、うちの子が何が好きなのかわかりません。特に好きなことがないみたいなのです。

相談者・京都ママ さん (小学3年生 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 息子はサッカーのスポーツ少年団に入っているのですが、そこの監督が、「靴の整頓ができないような子は、サッカーもうまくならない」「宿題をやらなかったり忘れ物をしたりする子は、サッカーも見込みがない」と言いました。ちょっと違うような気がするのですが、親野先生はどう思いますか?

相談者・理不尽 さん(小学2年生 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子供を伸ばすコツは、ずばり、好きなことや得意なことを伸ばしてやることです。
これに尽きます。
でも、こういうと、多くの親たちはまずこう言います。
「それほど、好きなことや得意なこともないみたいだけど」。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●探すときは見つからないダンゴムシ


6月のこの時期は、生活科で「虫と遊ぼう」という授業をやるところが多いと思います。
私も2年生を受け持ったとき、学校の敷地内にある築山の辺りでダンゴムシ探しをやりました。
でも、ほとんどの子は2,3匹見つけるのがやっとでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


ことわざは人生を生きる知恵の結晶です。日々の生活の中で折に触れて、子どもたちにことわざを教えてあげましょう。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもが「仮面ライダーしか興味がない」「電車のことしか頭にない」などという場合、親も先生も「そんなものはテストに出ない。勉強の役に立たない。もっと意味のあることに熱中して欲しい」と考えます。続きを読む


●標語は大切なことを思い出させてくれる


「何度言ったらできるの?」
これは、親であるみなさんが非常によく口にする言葉だと思います。
本当に、子どもは同じことを何度言われてもできないものです。
というより、実は、子どもだけでなく大人でもそうですね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 子育てについての考え方が夫と私でまったく違い、困っています。
 たとえば、私は食事と決められたおやつの時以外は食べさせたくないのに、夫はけっこう気ままに食べますし子どもにも食べさせます。先日「今日は玩具は買わないよ」と約束してスーパーに行ったのに、私が買い物している隙に夫が玩具を買おうとしていました。それで私も切れて言い合いになってしまいました。

相談者・ゆうかり さん (小学2年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●疲れて玄関のドアも開けられなかった1年生の子

 
これはあるママさんに聞いた話です。
ママさんはスーパーで買い物中に、1年生のわが子が2,3人の友達と下校しているところを見ました。
強い日差しの中を歩いているのを見て、「そうだ、大好きなオレンジジュースを飲ませてあげよう」と思いついて買い足しました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談

 親バカで恐縮ですが、うちの娘は算数と運動がよくできて、性格も明るくてあいさつもよくします。
 それで、先日あるお母さんにこの3つのことをほめられたのですが、私は「でも、家ではだらしがないんですよ。お手伝いも2、3回叱られてやっとやるんです」と答えました。それを聞いていた娘に、あとで「なんであんなこと言うの?」と反発されてしまいました。
 こういうとき何と答えたらいいのか迷います。「本当にそうなんですよ。算数も運動もあいさつもできてうれしいです」なんて言えないし……。下手に答えて「自慢している」と思われて、ママ友関係がまずくなるのは避けたいです。
相談者・こっこ さん(小学4年生女子の保護者)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●子どもの1年は大人の5年に相当する


講演をしながら全国を回っていると、よく親の皆さんから聞かれる質問があります。
それは「習い事をすぐにやめてばかりいると、“やめグセ”がついてしまうのではないでしょうか?」というもの。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談 

 家が手狭なので多すぎるおもちゃを処分したいと思います。ママ友は「子どもに聞けばダメと言うに決まっているから、いないときに親の判断でさっさと捨てる」と言います。私は勝手に捨てるのはかわいそうな気がします。とは言っても、子どもに聞けば手間がかかりそうです。勝手に処分してもいいものでしょうか?
相談者・海辺のひととき  さん(小学4年生女子の保護者)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までは子どもがしっかり勉強できるようになる工夫についてお話してきました。
今回は子どもの“地頭”をよくするためにはどうしたらいいのか、といったお話をしたいと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 夫が内科医で、長男も医者にしたいという思いが強く、猛勉強させています。でも、長男は勉強が好きではなく、特に理数系は苦手です。音楽や運動が好きで、将来その方面に進みたいようです。
 わたしとしては、子どもには好きな道を進んでほしいという気持ちもありますが、以前流行した勝ち組・負け組という言葉を思い出すと、収入面からもやはり医者を目指させたほうが良いのかと思ったりもします。(宇宙人ママ さん:小学4年生 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 6年生の長女がしきりに「何のために勉強しなくちゃいけないの?」と聞きます。将来のためとか立派な大人になるためとか答えていますが、あまり説得力がないようで、何度も聞いてきます。何と答えたら良いのでしょうか? (ヨガウーマン さん:小学6年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 成績表のことですが、6年生の姉と2年生の弟で勉強のほうはそれほど差がないのですが、「行動のあらわれ」というところで大きな差があります。8項目中で姉は丸が4つなのですが弟は1つしかありません。  性格的に問題があるのかと悩んでしまいます。(アカペン さん:小学2年生男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

  入学や進級を迎える新学期は、子供の勉強への意欲が増す時期だ。この時期こそ、家庭学習の習慣を身に付けさせたいもの。そのためには親のちょっとした工夫が必要だ。(清水麻子) 

 ◆時間を意識

 「『勉強しなさい』と言われなければ全然勉強しなくて…」と嘆く親は多い。しかし、約23年間の小学校教師の経験がある教育評論家、親野智可等(おやのちから)さんによると、親の心掛けと工夫次第で子供は自ら勉強するようになるという。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ある時、親御さんから「授業で発表ができません。どうしたらいいでしょうか?」と質問されたことがありました。

私は大略次のように答えました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 超マイペースな子で毎朝困っています。特に身支度に時間がかかりすぎます。途中で手が止まるのはしょっちゅうです。幼稚園バスの時間に間に合わなくなりそうなときはイライラしてしまいます。着替えの途中で服を半分着たまま、いつの間にか絵本を読んでいたときはキレそうになりました。
 もっとてきぱきできるようにするにはどうしたらよいでしょうか? (花音 さん:年中女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ