親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: しつけ



今回の相談

子どもが「あれが欲しい。これが欲しい」「あれがしたい。これがしたい」といろいろ言ってきます。こういうとき、どこまで認めてどこからノーと言えばいいのか迷います。迷わないようにするにはどうすればいいでしょうか?

相談者・トマトママ さん (小4 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

自分が悪くても素直に謝りません。先日もお菓子の取り合いで妹を泣かせ、「謝りなさい」と言っても言い訳ばかりでした。それでパパに「言い訳するな」と叱られ、一週間おやつナシになりました。強情というか頑固というか……。

相談者・東海ママ さん (年長 男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 お友達と遊んでいて、時々相手を押しのけたり叩(たた)いたりしてしまいます。理由はおもちゃや場所の取り合いが多いようです。どうしたら直るのでしょう? もっと厳しく叱ったほうがいいのでしょうか? このままでは、暴力的な人間になってしまうのではないかと不安です。(旅行大好き人間 さん:年中男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 私が地獄の絵本を読み聞かせてから、「地獄ってあるの? 鬼が来ると怖いからトイレの外で待っていて」などと言ってきます。悪いことをしたりウソをついたりしないように、しつけのために読んだのですが、ちょっと心配な気もしてきました。こういうしつけ方はやめたほうがよいのでしょうか? (モモンガ さん:年長女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 田舎なので近所や親戚の人と接する機会が多いのですが、周りの子はあいさつがしっかりできるのに、うちの子だけできないことが多いです。したとしても、小さい声でしかできません。
 気持ちの良いあいさつがしっかりできるようにするには、どうしたらよいでしょうか? (うっちー さん:小学1年生女子)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は公立小学校の教師として23年間教壇に立ち、担任として650人の子どもを受け持ちました。
公立ですので実にいろいろな子どもたちがいました。
”しつけ”という点から見ても実にさまざまでした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●叱りつけながら、「ありがとう」という素敵な言葉を教えることはできない

 

ママ  「『ありがとう』は? なんで『ありがとう』が言えないの!」

子ども 「……」

ママ  「『ありがとう』が言えないなら、これ返しなさい」

子ども「イヤイヤ…」

ママ 「じゃあ、ちゃんと『ありがとう』って言いなさい」

子ども「あ・り・が・と」

ママ 「もっと大きい声で心を込めてちゃんと言いなさい!」

続きを読む



今回の相談
 
 親野先生が「親たちは叱りすぎ。叱りすぎると子どもは自信をなくす。叱らないで育てよう」と書いていらっしゃるのを読んで、おっしゃる通りで当てはまることが多いと思いました。
 でも、子どもが人に迷惑をかけているときはどうしたらよいのでしょうか? そういうときも叱らないほうが良いのでしょうか? (ひかりママ さん:小学2年生女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●こんなにマイペースで大丈夫?


鈴木さん(仮名)のお子さんの裕太君(仮名)は、今、小学生です。

今から紹介するのは、裕太君が年長さんだったときの出来事です。

 

続きを読む

子どもを伸ばすためには上手にほめることが大事です。

子どもは、一つのことでほめられると自信がついて、他のことでもがんばるエネルギーがわいてきます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの金銭教育、つまりお金の教育はとても大切です。

ただし、これを株や為替などの投資教育のことだと思い込んでいる人がいますが、それは間違いです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

何らかの家事など、一定の仕事・お手伝いを継続することは、子どもの成長にとって大きなプラスになります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
私の友人で3歳と6歳の子のママがいます。お互い子連れでよく一緒に出かけるのですが、彼女はときどき自分の子どもをたたきます。

彼女が言うには、「3歳では、やってはいけない理由を言ってもわからないこともある。それでも、ダメなものはダメと教えなければならない。しつけのために痛くない程度でたたくならいいと思う。おしりとかなら痛くないから」とのことです。うーん、どうなんでしょう? (エコンテ さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●啓発は意外と効果的

子どもに何かをしつけたいとき、意外と効果的なのが啓発です。

つまり、「それをやることの必要性が子どもにわかるように教えてあげる」ということです。

例えば、子どもに毎食後に歯を磨かせたいとしたら、どうしたらいいでしょう?

続きを読む

「忘れ物が多くて困る」という悩みは、親の悩みの中で最も多いものの1つです。
親だけでなく、先生たちもこれでかなり悩んでいます。

これもまた、がみがみ叱ればできるというものではありません。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●子どもを静かにさせたい

 

突然ですが、問題です。

 

問題1

親子ともども10分間ほど静かにしていなければならない状況になったとします。あなたはお子さんを静かにさせるために何か言わなければなりません。次の3つの中で選ぶとしたらどれですか?

続きを読む

子どもは、本能的に、遊び、ゲーム、競争、新記録といったものが大好きです。
その本能をうまく活用することで、楽しく子育てができます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●質問者

前回は、教育評論家の親野智可等先生に“自分からやる子”を育てる方法として「叱らない」「肯定的な言葉を使う」「ほめる」という3つのポイントを教えていただきました。

今回は、叱らないでしつけを身につけさせる具体的な方法を親野先生にお聞きします。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●質問者

毎朝のことなのに「歯みがきしたの?」「早く着替えなさい」「早く仕度しなさい」などと、なぜ、うちの子は言われなければできないのか……。

朝から、叱ってしまい憂鬱になってしまうこともしばしば。


できれば、わが子が何も言われなくても、自分からできる子になってくれるといいですよね。

そんなお父さん・お母さんに、教育評論家の親野智可等先生が、叱らなくても身支度ができる方法を教えてくださいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝なかなか起きられない子もいます。こういうときも、いきなり叱って起こすのは決していいことではありません。

これについても、いろいろな工夫をすることが大切です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ