親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: ほめる



ほめることにはたくさんの効果があります。
中でも次の2つが大事です。
 

まず1つめとして、ほめられることが多い子は、自分に自信が持てるようになって、自己肯定感が高まります。
言い換えると、よい自己イメージを持てるようになるということです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


【質問】


自分は年中女子のパパとして、子どもとできるだけ遊ぶなど、かわいがってはいるつもりです。
ですが、とにかくほめるのが苦手です。


妻に、「ほめてあげて」と言われても「ほめるのが苦手だから」と言ってしまいます。
「すごい。さすが」など、ほめる言葉を口に出して言うのが照れくさいのです。
自分の父親もそうでした。


ゆうたろうさん(年中女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



本サイトの連載「子どもが伸びる親力」で、いつも的確な子育てアドバイスをしてくれている親野智可等先生が中心メンバーとなり、子どもの自己肯定感を高める新しい子育て習慣を発信する、「ほめ写プロジェクト」をスタートしました。


「ほめ写」とは、いったいどんな子育て習慣なのでしょうか?
発表会に参加してわかったその内容をリポートします。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●「生まれくれてありがとう」が究極のほめ言葉
 

子どもを伸ばす父親はほめ上手が多い。
ほめるのが下手で、子どもが伸びることは稀だろう。
多くのお父さんたちは頭ではそのことをわかっていると思うが、いざとなると、うまくほめられない。そこで、前回に続き、今回も「子どもをほめるコツ」を、いくつかご紹介しよう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●実践すれば、みるみる子どもが伸びる
 

子どもを伸ばす父親はほめ上手が多い。
ほめるのが下手で、子どもが伸びることは稀だろう。

 
多くのお父さんたちは頭ではそのことをわかっていると思うが、いざとなると、うまくほめられない。「いまさらほめるのも恥ずかしい」気持ちがあるのかもしれないが、ほめ方がわからない、何をほめていいかわからない、という人もいるだろう。

 
そこで、今回と次回の2回にわたって、お父さん方の苦手な「ほめ方のコツ」をお教えしよう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
親や先生は子どもをほめているつもりでも、子どもの方はそう感じていないということがよくあります。
というのも、親も先生もほめた後で余分なことを言ってしまうからです。

 
余分なこととは例えば次の4つのパターンです。
1,皮肉や嫌みを言う 
2,さらに求める 
3,親や先生の手柄にする 
4,今までできなかったことを叱る
続きを読む




前回に続いて、ほめるということについて、別の角度から考えてみたいと思います。


先日、スポーツジャーナリスト増田明美さんの話をとても面白く読みました。 
雑誌「児童心理」に出ていた、ご本人のエッセーから要約して紹介します。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ある年、私は6年生のクラスを担任していました。 
そのとき、音楽と家庭科を級外の先生に受け持ってもらっていました。 
その代わりに、4年生のあるクラスの図工を私が受け持っていました。 
図工は毎週2時間ずつしかないので、できるだけ子どもたちとコミュニケーションをはかりながらやっていました。


その4年生のクラスに、とても絵の上手な男の子、A男君がいました。 
ところが、A男君はかなり無口で、おまけに喜怒哀楽を表さない子でした。 
それで、なかなか打ち解けた状態にもっていくことができませんでした。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


参観会に行ったら子どもたちの絵が張り出されていました。
子どもが「僕の絵と○○ 君の絵、どっちが上手?」と聞いてきました。
あなたは何と答えますか?


A.あなたの方が上手だよ

B.○○君の方が上手だよ

C.どっちも上手だよ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


新しい年を迎えると、誰でも「今年こそは」という気持ちになります。
それは大人も子どもも同じで、「今年は○○をがんばる」という新年の決意をした人は多いと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


子どもが「またテストで100点取ったよ」と言いました。あなたは何と言いますか?


A.いつも100点ですごいね。

B.いつも100点取れる子でママもうれしいわ

C.勉強よくがんばってるね。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


ママ友達が言いました。
「社会の現実は厳しいので、家庭でも厳しく育てる方がいいよ。子どものうちから厳しく叱られて育てば、会社で叱られてもビクともしなくなるわよ。大人になればほめられることなんかないんだから、子どものときあまりほめて温室育ちにするのは考えものよ」。


あなたはどう考えますか?


A.いやいや、子どもにとって家庭は温室でいい

B.その通り、ほめるのはやめて叱って育てよう

C.その通り、ほめすぎの親はほめることを減らして叱ることを増やそう
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


問題を3つ出しますので、選択肢の中から自分ならどうするかを選んでください。
正しい答えや理想はどれかということではなく、日頃の自分の行動を振り返って、自分の実際の行動に近いものを選んでください。

続きを読む


あなたは子どもを「褒めて」育てていますか? 
「よく言われる話だな」と思った方もいるかもしれませんが、ではどれだけ効果があるのか、具体的にどうやって褒めるのか、ぱっと答えられるでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私が受け持ったA君は、ノートや予定帳に書く字が乱雑でした。
ほとんど判読できないような字で、本人にも読めないのではないかと思われるくらいでした。
そこで、なんとか丁寧に書かせようと、いろいろ試みました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


あるとき、1年生の親たちの懇談会でこういう話題が出ました。
子どもが幼稚園・保育園のときはいろいろなことでたくさんほめていたのに、1年生になったころからほめられなくなったというのです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●条件つきのほめ方は子どもをコントロールするためのもの


「子どもを叱ってばかりではよくありません。もっと子どもをほめましょう」
私はいつも、こういう話をしています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「子どもの自己肯定感を高めるにはどうしたらいいでしょうか?」
こうした悩みを抱える親御さんは少なくないことと思います。

小学校の教師として、多くの子どもたちと接する中でよくわかったのは、自己肯定感の有
無が子どもの成長を決定づけるということです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●褒めてあげると、できるようになる


前回まで、子どもが勉強にしっかり取り組めるようにするための「合理的工夫」についてお話をしてきましたが、ここからはもう一つの「工夫」である、「言葉の工夫」についてお話したいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●あるお母さんの依頼


教師だったときのことです。
ある日、あるお母さんから頼まれたことがあります。

続きを読む

↑このページのトップヘ