親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: 子育て



●ことわざを子育てに生かす意識を
 

ことわざは先人の生きる知恵の結晶だ。
私はことわざが好きで、教師時代、子どもたちとの接し方や仕事に向かう姿勢を考える上で参考にしてきた。

 
よく目にするありふれたことわざは、読み飛ばしてしまえばそれまでだ。
だが、仕事や子育てに活かそうという気持ちを持っていれば、そこに深い真理が潜んでいることに気付かされる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



世の教育ブーム、そして少子化を受け、子どもに全力投球する親が増えた。
特に、首都圏では幼稚園から教育が加熱している。
子どもの「促成栽培」が行われているのだ。

 
勝ち組・負け組、格差社会などといわれるなかで、我が子を小さなころから優秀に育てたいという親心は分かる。
だが、子ども時代に優秀な子が大人になってからもずっと優秀とは限らない。
なかには子ども時代がピークだったという人もいる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



このごろ、お母さん向けの雑誌で「天才キッズ」に関する取材を受けることが多い。
ゴルファー、野球や卓球の選手、シンガーソングライター、ピアニスト、マジシャンなど、どうしたら天才キッズを育てることができるか、というわけだ。

 
天才キッズには2種類ある。
一つは、ゴルフでも野球でも、子ども自身が大好きで、自ら練習に取り組み、それを親がうまく最大限手助けして、能力を伸ばす天才キッズ。

 
もう一つの天才キッズは子どもよりも親が熱心で、親の敷いたレールの上に子どもを乗せて教育するケースだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●日本の子どもの自己肯定感が低いのは、「謙譲の美徳」のせいだけではない

 

 

 

国際比較調査を行うたびに、日本の子どもの自己肯定感の低さが問題になります。

では、なぜ日本の子どもの自己肯定感は低いのでしょうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お悩み


2年生の女の子の母ですが、子育てについての考え方が、夫婦間で違って困っています。
例えば、私は子どもに間食をさせないのですが、夫は、普通におやつをあげています。


夫も愛情を持って子育てをしているのはわかるのですが、子どもの将来を考えると、不安になります。
夫に対して、どのように対応すればよいのでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子どもたちの中には、髪の毛をとかしたり顔を洗ったりしないまま学校に来る子もいます。
髪の毛がぼさぼさで、口の周りには朝食のソース類がついたままになっている子もいます。

 
少しくらいなら子どもらしくてかわいいということにもなるかもしれませんが、度を超えていると心配になります。


というのも、人間関係をうまく作っていくためには、身だしなみへの適度な配慮は不可欠だからです。
身だしなみへの無関心は、いじめられやすい要素の1つにさえなり得るのです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


【質問】

電車に乗っていて、それまで静かだった3歳の息子がとつぜん歌を歌い出しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 
イソップ物語の「すっぱいブドウ」というお話。ある日、キツネがおいしそうなブドウをみつけて取ろうとします。
でも、何度ジャンプしても取ることができません。最後に諦めるとき、「あれはすっぱいからいらない」と言い訳します。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




【質問】


電車模型、ブロック、粘土、読書など、好きなことに熱中すると、夕食、お風呂、就寝時間などになってもやっています。
いつも大きな声で叱らないと切り替えができません。
このままでは大人になってから困るので、もっとてきぱき行動できるように直したいのですが…。

相談者:はちみつさん(小2男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



あるファストフード店に親子連れが入ってきました。
親が注文コーナーに並ぼうとしたとき、子どもが移動して物売り台のところに行きました。
その台の上には、キャラクター商品が置いてあったからです。
子どもは、初めは見ているだけでしたが、やがてさわり始めました。


これはとてもよく見られる光景ですが、このときの親の対応はまさに千差万別です。
そして、そこには、日ごろの子どもへの関わり方がとてもよく表れます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




ある集まりで、2人の子どものお母さんであるAさんが愚痴をこぼしました。


「まったくいろいろ迷って困っちゃうの。
昨夜なんて、子どもは夜の9時に寝る約束になっているのになかなか寝なくて…。
「もう寝なさい」と言えば「もうちょっとだけ」と言うし。
怒れば慌てて寝るけど、そんなことで怒りたくないし。


子どもに「○○買って」とねだられて、買ってやってもいいような気になったり買わない方がいいような気もしたり。
まったく、どこまでよくてどこからいけないのか…。何か、迷わなくていい基準みたいなものはないかしら」



Aさんは、何かはっきりした基準が欲しいと感じているようでした。
どんな場合でもスパッと割り切って判断できるような明確な基準です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●安らかな気持ちで過ごせるとひとにも優しくなれる

 
子どもにとって家庭は子宮の延長のようなものです。
子宮はまったく快適で心地よいものだそうです。
そこで毎日安らかな気持ちで穏やかに過ごすことができる子は幸せです。
そういう子は、ひとに対しても優しい気持ちになることができます。

続きを読む



子育て中の親たちを対象にした雑誌が、このごろたくさん創刊されました。
子育てや家庭教育をメインのテーマにして、様々な角度からいろいろな情報を提供してくれます。 
また、そのような専門的な雑誌ではない、より一般的な雑誌でも、子育てや家庭教育を取り上げることが多くなってきました。


私も、本を出してから、いろいろなところから声をかけていただくようになり、あちこちに登場するようになりました。 
そのたびに、各雑誌の編集者さんやライターさんから取材やインタビューを受けるわけですが、ときどき困ることがあります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



【質問】


「カレーがいい」と言うので作ったら、「やっぱ、餃子がよかった」と言う娘。「ご飯おかわり」と言うから盛ったら、「もういい。イチゴ食べる」と言い出す。友達の体操教室の様子を見て「やりたい」と言うからやらせたら、1回行って「もう行かない」と言い出す。言うことがコロコロ変わるので頭にきます。無責任でわがままでウソつきにしないためには、自分が言ったことに責任を取らせた方がいいでしょうか?


相談者・こだわりのカステラ さん(年長 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


勉強、運動、お手伝い、生活習慣、しつけなど、いろいろな面で親は子どものために様々な働きかけや指導や手助けをします。
でも、なかなか結果が出ないときもあります。
あなたはどう思いますか?


A.結果が大事だから、大いに結果にこだわるべき

B.結果が大事だから、少しは結果にこだわるべき

C.結果にはこだわらないほうがいい
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●なぜ、子どもは誕生日が好きなのか?

 
子どもは誕生日が大好きです。
なぜかというと、自分の存在そのものを無条件に肯定してもらえる日だからです。

続きを読む



[ 問題 ]


赤ちゃんが生まれてから、年中の娘が赤ちゃん返りしてしまいました。
今まで自分でできたこともできなくなり、やたら甘えるようになりました。
今日も、赤ちゃんの授乳が終わったとき、「私も抱っこ」とせがんできました。


どうしますか?


A.「はいはい、お待たせしました」と言って、抱っこする

B.「もうすぐ年長さんだから抱っこは卒業ね」と言って、抱っこしない

C.「お姉ちゃんなんだから抱っこは卒業ね」と言いつつ、抱っこする

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


6才の次男が2つ上のお兄ちゃんのカバンを蹴るところを見たので、「やめなさい。何してるの」と言いました。
すると、次男が「だって…」と答えました。
あなたなら、なんと言いますか?


A.「だって」の前に、まず、「ごめんなさい」でしょ

B.どうしたの?

C.「ごめんなさい」って言ったら、理由を聞いてあげるよ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


子どもが家で朝顔の種をまきました。
毎日水やりをして観察するのが宿題になっているからです。
あなたの対応は次のどれですか?


A.水やりをしているか1週間に1,2回確認する

B.水やりをしたか毎日確認する

C.水やりをしなければ、枯れて自分が困るだけだから確認はしない
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


ママ友達が言いました。「子どもって、見え透いたウソを言うときがあるわよね。この前なんか、『歯を磨いた?』って聞いたら『磨いた』って言うから、歯ブラシを触ってみたら濡れてなかったのよ。こういうちょっとしたウソをいちいち追及してたら、こっちがたまらないわ」。


あなたのいつもの対応は、次のどれに近いですか?


A.ちょっとくらいのウソは、軽く注意したり場合によっては見逃したりする

B.ウソは絶対に許さない。ウソをついたら必ず指導する

C.そのときの親の気分によって、叱ったり見逃したりと、対応が大きく違ってくる
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ