親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: 楽勉



教科書は、親が活用して「こそ」、本領を発揮する
新年度が始まり、子どもたちは真新しい教科書を受け取って喜んでいるのではないだろうか。
不思議なもので、勉強の好き嫌いに関わらず、子どもにとって新しい教科書はうれしいものだ。

 
この教科書、実は子どもたちのためだけのものではない。
親にとっても、使いようによっては、子育てにとても役立つのだ。


今回は、子どもを勉強好きにする「教科書の使い方」についてお話しする。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



「地頭(じあたま)」とは前回述べたように「ものごとを認識したり、考えたり、創造したりするような」基本的な能力である。
いわば、芽が出て大きく育つための土壌だ。

 
種をまけばすぐにでも芽が出るような土づくりを親御さんが生活の中で行っていくことが子どもの成長にとても役立つ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加





親野さんは、生活や遊びの中で楽しみながら知的な刺激をして地頭を良くする「楽勉」を推奨している。「子どもに勉強をさせたいなら楽しい勉強の仕方を教えればいい」という。



●学ぶことを楽しめれば必ず後伸びする子になる



子どもの学力を伸ばしたいと思ったとき、まず親がすべきことは「勉強しなさい」ということではなく、「どうやったら勉強が好きになるだろうか」と考えることだと親野智可等さんはいう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今、小学校では新聞を使った授業がよくおこなわれています。
ためしに現行の小学5年生の国語の教科書を見てみてください。
すると、すべての出版社の教科書で「新聞」について詳しく取り上げていることがわかるはずです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●教科書をもとに作った問題

次の5つは、私が小学校5、6年生の教科書をもとに作った問題です。
まずは、解いてみてください。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




次の三択クイズをやってみてください。



●1,源頼朝が開いたのは次の中のどれでしょう?



ア 古くて誰も開けられなかった金庫

イ 武士による初めての政権である鎌倉幕府

ウ 結婚相手のいない人のための婚活パーティー
続きを読む



私は小学校の教師だったとき、いろいろなカルタをつくって授業中に子どもたちに遊ばせました。
星座カルタ、俳句カルタ、ことわざカルタ、読書カルタ、漢字カルタなどです。

 
そして、漢字カルタにもいろいろな種類があって、部首カルタ、同音異義語カルタ、同訓異義語カルタ、漢字誤字カルタ、四字熟語カルタなどです。
続きを読む



今年の夏休みにも、親子で旅行したり実家や田舎に帰省したりした人たちは多いと思います。
それに関して、Aさんからこんな話を聞きました。


Aさん親子は毎年旅行に行っているので、今年も行こうと考えていました。
今年はいつもと少しやり方を変えて、6年生の子どもにできるだけ計画を立てさせてみようと思いました。
というのも、家庭教育の雑誌で「子どもに旅行計画を立てさせると頭がよくなる」という記事を読んだからです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ある日の講演会が終わって、お世話をしてくれた担当のAさんとお話しました。
Aさんは子育て真っ最中の現役ママさんです。
私の『「楽勉力」で子どもは活きる!』を読んで、目から鱗が35枚落ちたそうです。


なぜかというと、今35才だからだそうです。


それからというもの、私が紹介したものはもちろん、いろいろな楽勉を子どもと楽しんでいるそうです。
中でも、親子で一番盛り上がったのが「九九なぞなぞ」だそうです。
学校の授業参観のとき少しやったのを、家でも続けてやったとのことです。
例えば、次のようなものです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


「うちの子はなかなか勉強しない。勉強が嫌いなようだ。言えば言うほどやらなくなる。
学力もつかないし、成績も上がらない」。
このような悩みを抱えている親がたくさんいます。
実際、世の中には勉強が嫌いな子がたくさんいます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


親野智可等がインスタグラムを始めました。
「普通では面白くない。やるからには自分らしさを出したい」ということで、ちょっと変わったものになっています。

えっ、これがインスタグラムですか?
みたいな……。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]


Aさんが読んだ本に、親子で旅行するとき地図帳を持って行くといいと書いてありました。
電車に乗りながら、渡った川や止まった駅を確認すると地理の楽勉になるというわけです。
そこで、早速、2年生の我が子と旅行するときにやってみました。


ところが、子供は全く興味を示しません。
「今渡った川は大井川だよ」と言いながら地図を見せても、「ふうん」とうるさそうに言うだけです。 
あなたの行動は、次のどれに近いですか?


A.「4年生で地図の勉強をするときに慌てても、遅いよ」と言って、地図帳をしまう

B.「4年生で地図の勉強をするから、今から慣れておく方がいいんだよ」と言って、続ける

C.地図帳で楽勉させるのは諦めて、地図帳をしまう

D.子供に見せるのはやめて、親だけで地図帳を楽しむ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


神奈川県の鈴木さん(仮名)は長女、長男、次女の3人を育てあげ、子どもたちは精神科医、弁護士、服飾デザイナーとして活躍中です。
鈴木さんは子育てを振り返って、子どもたちにやらせてよかったと思うことの一つに人形遊びを挙げています。続きを読む


●お母さんの一計


みなさんは、親子日記というものをご存知ですか?
これは親子が文通するように書く日記のことです。
ある女の子は、幼稚園のときにお父さんと親子日記を始めました。
仕事の関係でお父さんの帰りが遅くなり、父娘の触れ合いが少なくなったので、お母さんが一計を案じたのです

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●「菅野智之」は読めないでしょ?


先日、東京で講演したときに、講演会のスタッフの人に伺った話です。
その人の小学3年生になる長男は、プロ野球の観戦が大好きで、それに関することはどんどん覚えてしまうそうです。
そんな姿を見て、お母さんはあるアイデアを思いつきました。

続きを読む

●手作りの言葉カード


これは、年少、1年生、3年生の子どもがいる、ある家庭の話です。
この家では、いろいろな物にお母さん手作りの言葉のカードがはってあります。
例えば、炊飯器には「すいはんき」「スイハンキ」「炊飯器」「suihannki」「rice cooker」の5枚のカードです。

続きを読む

東大受験のためのテクニックをテーマにした人気まんが「ドラゴン桜」で指南役を務めた教育評論家の親野智可等(おやのちから)さんに学習まんがの効果的な利用法などについて聞いた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●月のポスターのおかげで大活躍
 

小学3年生の理科で月の動き方の勉強があります。
月はどの方角から出てどの方角に沈むか、月の形はどのように変わるか、などの勉強です。
知り合いの先生に聞いたのですが、ある男の子がその授業で大活躍したそうです。
いつもはそれほど積極的に発表する子ではないのに、そのときはすごかったそうです。

続きを読む



今回の相談
 
親野先生の楽勉の考え方に感銘を受けた夫が、学習マンガを10冊買ってきました。

でも、子どもは一、二冊読んだだけであとは読もうとしません。それで、夫は「読まないともう本を買ってやらないぞ」みたいなことを冗談半分ですが言い出しました。それもどうかと思うのですが……。(ワンポイント さん:小学3年生男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●外国語のような会話
 

ある家庭で次のような会話をしています。

意味がわかりますか?
 

「とこるやのたっや?」

「はくぼにきさがかいすいたべた」

「がとこるやよらかてっわお」

続きを読む

↑このページのトップヘ