親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: 勉強 一覧


●式がつくれないのは文章の内容がイメージできないから


計算はできるけど文章問題が苦手という子がいます。
それは、つまり、式をつくるのが苦手ということを意味します。
そもそも、加減乗除のうちのどれにすればいいかわからないということも多いようです。
では、その理由は何なのでしょうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●分数は子どもにとってかなり不思議な数


今の子どもたちは、2年生の3学期に分数を勉強することになっています。
「今の子どもたち」と書いたのは、つい4年前の2009年度までは4年生の勉強だったからです。
学習指導要領の改訂で、一気に2年早くなったわけです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●全体のイメージを明るく華やかで楽しい感じに


みなさんは、「子どもを勉強好きにしたい」「進んで勉強ができる子になって欲しい」と願っていると思います。
そのためにできることはいろいろありますが、今回オススメしたいのは「丸つけでほめる」方法です。

続きを読む


●文章問題を作るコツ


私が教師として最後に受け持ったのが2年生でしたが、そのときの教え子にYさんという女の子がいました。
その子は、毎日欠かさず自主勉強をやってきました。
特によくやってきたのが算数の文章問題でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●足し算・引き算の元になるのが数の合成・分解


1年生の算数は「1,2,3…」と物を数えるところから始まります。
そして、「3と2で5。5は3と2」「5と4で9。9は5と4」「7と3で10。10は7と3」などの数の合成・分解の勉強をしてから足し算や引き算に入っていきます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●あり得ない答えを書く子


算数のテストで、「①89×37=31293」とか「②4100÷5=82」などという答えを書いたまま平気で出してしまう子がいます。
(正解は、①が3293で②が820です)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもが習った漢字を使わない理由は3つある


親のほうは、学校で習った漢字は、日記や作文で、あるいはノートに書くときに使って書くようにさせたいと思っています。
でも、子どもはなかなか漢字を使ってくれませんね。
私は次のような理由で漢字を使わないのだと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもにとって漢字の学習は大きな負担


1年生で習う漢字は80字で、2年生はその倍の160字です。
3年生と4年生が200字で一番多く、その後少し減って5年生で185字、6年生で181字です。
また、学年が上がるに連れて、習う漢字の画数が増えたり読み方が複雑になったりもします。
これはよく考えてみれば大変なことです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●語彙力は学力に直結する


学力を上げるためには、たくさんの言葉を身につけることが大切です。
語彙力が高ければ教科書や本を読んでもよくわかるし、自分の考えを適切に表現することもできます。
つまり、語彙力は学力に直結するのです。

続きを読む

●文章問題には不必要な数が出てこない


前回のコラムで次のようなことを書きました。

↓↓↓↓↓

かけ算のテストの時にはかけ算の文章問題しか出ないので、かけ算でやればいいことがわかりきっている。
子どもは、問題の文章に出てくる数をどう組み合わせるかを考えるだけでいい。
「これは何算で解くのか?」と考える必要がないので実力がつかない。

続きを読む

●かけ算のテストではかけ算の問題しか出ない


授業で一つの単元が終わると、その単元のテストが行われます。
例えば、かけ算の単元が終わるとかけ算のテスト、割り算の単元が終わると割り算のテストというようにです。
テストの中には計算問題だけでなく文章問題も含まれます。

続きを読む

前回に引き続き国語のテストの鉄則の3つめを紹介します。
鉄則3:目的を聞かれたら「~ため。」と答える続きを読む

鉄則1:もとの文章を勝手に書き換えないで答える。できるだけもとの文章をそのまま使って答える
鉄則2:理由を聞かれたら「~から。」と答える


続きを読む

●名前を丁寧に書くとミスが減る


子どもは、足し算、引き算、かけ算、わり算などの筆算で、やり方はわかっているのにケアレス・ミスで間違えることがよくあります。
これを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?

続きを読む

●ショック! 自分は歴史について何も知らない


私が受け持ったある6年生の女子の話です。
彼女は、5年生まではどの科目もすべてよくでき、苦手な科目はありませんでした。
ところが、6年生になってから1つだけ苦手な科目ができてしまいました。
それは、歴史です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●悔しがってもすぐ忘れ、同じことを繰り返す


テストを採点して子どもたちに返したとき、悔しそうな顔で「オレ、本当はこの問題わかってた。わかってたけど、うっかり間違えちゃった」と言いに来る子がよくいます。
このように、子どもは「本当はわかっていたのに、テストで間違えてしまう」ということがよくあります。

続きを読む

●積み上げ型教科では早めにつまずきの修復を


算数は、ピラミッドの石を積み上げていくように学習内容を積み上げていくので、積み上げ型の教科と言われています
どこかにつまずきがあると、その後の学習に大きく響きます。
そこで大切なのが、つまずきをできるだけ早く見つけて修復することです。

続きを読む

運動が苦手でコンプレックスを抱えている子どもは意外に多くいるものです。
こうした子どもが「運動が好き!」と心から思えるようになるにはどうしたらいいのか。
苦手克服のため親がすべきことを紹介します。続きを読む

●これはどういう並び方?


次の漢字の並び方を見て、何か気がつくことがありますか?
春→間→問→右→有→胃→男→努

続きを読む

●これ、読めますか?


ある男の子が家に帰ったら、玄関に次のような張り紙があったそうです。


岡襟。気世雨野有半葉素木屋記

続きを読む

↑このページのトップヘ