親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: 勉強 一覧



[ 問題 ]


小学2年生の子の書き取りノートが終わってしまったので買いに行きました。
同じノートを買おうとしたら子どもが「4年生のお兄ちゃんのと同じノートがいい」と言います。


理由を聞いたら、「今までの書き取りノートはますが大きすぎて疲れるから」と言いました。
そういえば、ママ友達から「字を小さく書いた方が負担が小さくて、覚えることに集中しやすい」と聞いたこともあります。
「高学年になるとノートの字も小さく書かなければならないので、低学年のうちからますの小さい書き取りノートで慣れさせた方がいい」と聞いたこともあります。


でも、勝手にますの大きさを変えていいのかとも思います。
あなたならどうしますか?


A.今までと同じ書き取りノートを買う

B.ますの小さい書き取りノートを買う

C.中間をとって、少しだけますが小さい書き取りノートを買う
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●「木」の2画目はとめる?はねる?


あなたは、手書きで「木」という字を書くとき、2画目はとめますか?
それとも、はねますか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]


小学3年生のわが子のクラスでは、毎日、日記の宿題が出ます。
わが子は書くことが好きではないので、いつも大苦労しています。
今日も「書くことがないよ~」と言うだけで、いつまでも書き始めません。
あなたならどうしますか?


A.「何を書いてもいいんだよ」と言って安心させてやる

b.親子でおしゃべりする

C.静かな部屋でじっくり考えさせる
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 問題 ]


4年生の我が子が、毎日の宿題で国語の教科書を音読しています。
今読んでいるのは、『ごんぎつね』という物語です。
ある日、子どもが読むのを聞いていて、疑問が湧いてきました。
「なぜ、ごんは、兵十の家にくりを置いてくるとき固めて置いてきたのか」という疑問です。

でも、子どもに聞いてみようかと思いましたが、やめました。
以前、物語の勉強では登場人物の気持ちを読み取ることが大事で、「なぜ」という理屈っぽい問題は出さない方がいいと聞いたことがあるからです。
あなたならどうしますか?


A.問題を出す

B.問題を出さない

C.問題は出さないで、「こういう理由でごんはくりを固めて置いたと思うよ」と話してやる
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

“うちの子、大好きなテレビゲームは何時間でも集中してやるのに、なんで勉強は集中してくれないのかしら”…そんな悩みを持つ親御さんも多いのでは? 
そんなわが子の集中力を鍛える方法はあるのでしょうか? 
教育評論家の親野智可等先生にそのコツを伺いました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


“うちの子、大好きなテレビゲームは何時間でも集中してやるのに、なんで勉強は集中してくれないのかしら”…そんな悩みを持つ親御さんも多いのでは?
そんなわが子の集中力を鍛える方法はあるのでしょうか? 
教育評論家の親野智可等先生にそのコツを伺いました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て中の親御さんの悩みで“うちの子、集中力なくて困っちゃうのよ~”。
そんな声をよく耳にします。
では、そもそも“集中力がある子”と“集中力がない子”は何が違うのでしょうか? 
教育評論家の親野智可等先生にお話しを伺いました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]

小学2年生の我が子と本屋にいたら、同じクラスの子とそのお母さんに会いました。
そのお母さんはこう言いました。
「小学校では、4年生から国語辞典を使って勉強するんだって。2年生くらいから買ってやって、使わせておくといいらしいよ」。
それを聞いて、我が子も「おもしろそう。私にも買って」と言いました。
あなたならどうしますか?

A.低学年用の国語辞典を買ってやる

B.高学年用の国語辞典を買ってやる

C.大人用の国語辞典を買ってやる

D.4年生まで待って、学校が指示した国語辞典を買う
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



[ 問題 ]

小学1年生の我が子が、学校の生活科で捕まえた虫を家に持ち帰ってきました。 
そして、家で飼いたいと言い出しました。
都市部の団地住まいで、今まで虫など飼ったことのない子なので、 世話ができるか心配です。
あなたは、どうしますか?

A.親が手伝いながら、一緒に飼う

B.世話は子供に任せる。親は手を出さない

C.世話は無理そうなので、親子で草原に逃がしてやる

D.子供がいないときに逃がしてやる。子供には、「逃げちゃったよ」と言う
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


学校から宿題で出される漢字の書き取りを負担に感じる子どもは多いもの。
「書き取り=大変な作業」と、漢字に対して苦手意識を持ってしまうこともあるようです。
そこで、教育評論家の親野智可等さんに、漢字をストレスなく覚える方法と親ができるサポート方法を教えていただきました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 昨今子どもたちの理科離れが叫ばれているようです。うちの子は小2の男子と年長の女子ですが、ゆくゆくは理科が好きな子になって欲しいと思っています。そのためにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?

相談者・のりのりこっこ さん (小2男子と年長女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●パズルのおかげで大学の数学科に入れた

 
ある小学校のPTA主催で講演をおこなったとき、そのスタッフのSさんに聞いた話です。
Sさんの長男は、公立高校から5つの大学の数学科に合格しました。

続きを読む

 
先日、私は生まれて初めてJRの常磐線に乗りました。
「スーパーひたち」という特急で、 茨城県の大甕(おおみか)という駅まで行きました。
その近隣の地区のPTA指導者研修会で講演をすることになっていたのです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 問題 ]


今、我が娘は中学2年生で、来年私立高校を受験しようと思っています。
ところが、歴史の勉強が大の苦手です。
他の勉強はまずまずなのですが、 歴史だけはどうも成績が振るいません。
あなたの行動は次のどれに近いですか?


A.歴史漫画を読ませる
B.その私立高校の過去の問題をやらせる
C.いろいろな参考書を何冊も読ませる
D.歴史の教科書を1冊暗記するくらいまで音読させる

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


私が小学1年生を初めて教えたとき、ある会社の算数の教科書にとても印象的なページがありました。
そのページには、カラフルな写真がいっぱい載っていました。
イラストや文章や式などが多い他のページと違って、そこだけは写真が中心でした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]


あるお母さんが、子供たちとピザを食べるときに、いい機会だからと分数を教えることにしました。
「4つに切った1つ分を4分の1というんだよ」などと説明していたら、隣の家の人が回覧板を持って来ました。
そして、「今はそうやって教えないんだよ。学校と違う教え方をすると子供が混乱するから、やめた方がいいよ」と言って帰りました。


4年生の子供の教科書を見てみると、「4つ合わせて1メートルになるはしたの長さを4分の1メートルといいます」と書いてあるではありませんか。
お母さんは、初めて見る分数の説明に驚いてしまいました。
あなたならどうしますか?


A.とりあえず、自分のやり方で教える
B.教えるのはやめて、学校に任せる
C.教科書を見ながらその教え方で教える
D.今はやめて、教科書の教え方を理解してから、分かりやすい方で教える

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 問題 ]


子供の毎日の宿題として日記が出ます。
我が子が書いたものを読むと、いつも平仮名が多くて、習ったはずの漢字もあまり使われていません。
さて、このような場合、あなたならどのように対応しますか?


A.まず、習った字は漢字に直させる。その後で、中身に大いに共感して褒める
B.まず、中身に大いに共感して褒める。その後で、習った字は漢字に直させる
C.とにかく中身に大いに共感して褒める。あまり漢字のことには触れない
D.正しい表記を身に付けられるように、習った漢字を使って書くことを重点的に指導する

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


勉強内容を身につけるために絶対的に必要なのが記憶という作業です。
せっかく勉強した内容をすぐ忘れてしまうのは残念なことであり、できるだけ長く記憶に留めたいですし、できたらずっと覚えていたいものです。続きを読む


●式がつくれないのは文章の内容がイメージできないから


計算はできるけど文章問題が苦手という子がいます。
それは、つまり、式をつくるのが苦手ということを意味します。
そもそも、加減乗除のうちのどれにすればいいかわからないということも多いようです。
では、その理由は何なのでしょうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●分数は子どもにとってかなり不思議な数


今の子どもたちは、2年生の3学期に分数を勉強することになっています。
「今の子どもたち」と書いたのは、つい4年前の2009年度までは4年生の勉強だったからです。
学習指導要領の改訂で、一気に2年早くなったわけです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ