親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: 勉強大好き&学力アップ(ママノート連載)

●国語だけでなく社会と理科も音読しよう


学校の宿題で音読(本読み)が出るところは多いと思います。
そして、ほとんどの場合は国語の教科書の音読のはずです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●大人同士なら共感できる


もし、職場で同僚の誰かが「あ~、疲れた。仕事が多すぎ。もうやりたくない」と愚痴をこぼしたら、あなたは何と答えますか?
「そうだよね。仕事が多すぎだよ。なんでこんなに忙しいんだろ」と共感するはずです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●手作りの言葉カード


これは、年少、1年生、3年生の子どもがいる、ある家庭の話です。
この家では、いろいろな物にお母さん手作りの言葉のカードがはってあります。
例えば、炊飯器には「すいはんき」「スイハンキ」「炊飯器」「suihannki」「rice cooker」の5枚のカードです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●算数が苦手な男の子


ある日、東京駅の新幹線の待合室で座っていたら、隣に親子連れがやってきました。
座るとすぐに、お母さんに促されて、小学生の男の子が算数の宿題らしきものをやり始めました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●あるお母さんの依頼


教師だったときのことです。
ある日、あるお母さんから頼まれたことがあります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●「はい、バツ。これもバツ」ではカチンとくる


みなさんは、子どもがやった算数プリントや計算ドリルを見るとき、どんな感じになっていますか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●どうしたら、ひどい書き取りノートをほめられる?


前回、子どもが勉強をしたら”まずほめる。取り敢えずほめる”という話をしました。
実は、私が教師だったとき、授業参観の後の懇談会で親御さんたちにこの話をしたことがありました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●ほめられると、「勉強って楽しい」という認識ができあがる


前回、勉強に関する否定的な言葉はすべて逆効果で、子どもの中に「勉強ってつまらない」という認識ができてしまうということを書きました。
勉強へのやる気を高めるには、その反対に、勉強に関する肯定的な言葉をたくさん贈ってあげることが大切です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●子どもは「勉強すると叱られる」と感じている


親であるみなさんはたぶん知らないと思いますが、実は、子どもたちは「勉強すると叱られる」と感じています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●一問やっておくと見通しが付く


前回は、取り敢えず準備方式を紹介しました。
今回は、それをもう一歩進める方法で、名付けて取り敢えず一問方式です。
つまり、子どもに次のように言うのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●取り掛かってしまえば半分終わり


大人の仕事でも言えることですが、宿題・勉強も取り掛かるときが一番大変です。
取り掛かってしまえば、もう半分終わったようなものです。
ですから、取り掛かるときのハードルを下げることが大切です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●子どもの「後でやる」には深い理由がある


親が「勉強しなきゃダメでしょ。いつやるの?」と迫ったとき、「今でしょ」と言ってやってくれる子は少ないですね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●アナログ時計の横に模擬時計を


子どもがなかなか宿題・勉強に取り掛からない場合、家の中の時計にひと工夫すると効果があります。
まず、部屋の目立つところに大きめのアナログ時計を掛けます。
そして、その横に画用紙で作った模擬時計を貼ります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●”たすき”でやる気アップ


宿題・勉強への取り掛かりや集中力がイマイチな子どもたち、いっぱいいますね。
そういう子どもたちのやる気を上げるために、ママたちはいろいろな工夫をしています。
ある家では、”たすき”を使って勉強気分を盛り上げています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●植物について経験不足の子どもたち


みなさんのお子さんは、植物で遊んだり植物を育てたりした経験がどれくらいありますか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●温度計はすばらしい楽勉グッズ

 
みなさんの家には温度計がありますか?
もしないなら、すぐ用意してください。
なぜなら、温度計はすばらしい楽勉グッズだからです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●月のポスターのおかげで大活躍
 

小学3年生の理科で月の動き方の勉強があります。
月はどの方角から出てどの方角に沈むか、月の形はどのように変わるか、などの勉強です。
知り合いの先生に聞いたのですが、ある男の子がその授業で大活躍したそうです。
いつもはそれほど積極的に発表する子ではないのに、そのときはすごかったそうです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ