親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: 子どもを伸ばす親の習慣(ママノート連載)

●夏休みにダラダラするのは当たり前


夏休み中の子どもがダラダラしているのを見て、イライラがマックスのママさんも多いことと思います。

でも、ご安心ください。

夏休みにダラダラするのは当たり前ですから。

続きを読む


●他の子どもの前で、大声で叱る先生
 

過日私が講演に行ったある幼稚園で見たのですが、ある先生が年長児とおぼしき子どもを叱っていました。
何を叱っていたのかよくわかりませんでしたが、よくないと思ったのは他の子どもたちの前で大声で叱っていたことです。

続きを読む


●他の子どもの前で、大声で叱る先生

 
過日私が講演に行ったある幼稚園で見たのですが、ある先生が年長児とおぼしき子どもを叱っていました。
何を叱っていたのかよくわかりませんでしたが、よくないと思ったのは他の子どもたちの前で大声で叱っていたことです。

続きを読む


●パズルのおかげで大学の数学科に入れた

 
ある小学校のPTA主催で講演をおこなったとき、そのスタッフのSさんに聞いた話です。
Sさんの長男は、公立高校から5つの大学の数学科に合格しました。

続きを読む


●大人同士でも高い所から話されると威圧を感じる


私は若いころ、ある会社で本のセールスマンをやっていたことがあります。
民家や事業所に飛び込みで入って、料理の本、美術全集、文学全集、民俗の本などを売り歩く仕事です。

続きを読む


●子どものプリントが多すぎて管理できない
 

東京都内で小学生の息子3人を育てているSさんに聞いた話です。
長男が6年生、次男が4年生、三男が2年生です。
男の子が3人ということで、想像しただけでも大変そうですね。

続きを読む

●読み聞かせをしながら叱るお母さん

 

歯科医の待合い室でこういう情景を見ました。

あるお母さんが2人の女の子を連れて来ていました。

上の子が3,4歳で下の子が2,3歳です。 

お母さんは絵本を2人に読み聞かせていました。

でも、読み聞かせをしながら叱っているのです。

続きを読む

●小学校のテストはある日突然おこなわれる

 

中学校や高校には定期テストというものがあります。

例えば、中間テストや期末テストです。

これらは定期的におこなわれるテストであり、日にちが前もってはっきり決まっています。

続きを読む

●金銭感覚は親の影響が大きい

 

大人でもお金にルーズな人はけっこういます。

こういう人は周りから信用されなくなりますし、場合によってはお金で大失敗することもあります。

お金に対する感覚(金銭感覚)は人によってかなり違いますが、育った環境や親の与える影響がかなり大きいです。

続きを読む

●この子に寂しい思いをさせているのではないか?

 

ゆき子さんは小学1年生のひとり娘を育てているママさんです。

夫は3年間の予定で海外に単身赴任中です。

続きを読む

●片づけの悩みを一発解決する特効薬がある

 

「うちの子は片づけが苦手だ。何度言ってもできるようにならない」

「整理整頓ができないので物が溢れている」

「出せば出しっぱなし、使えば使いっぱなし。まったく困ったもんだ」

「と言うか、親の自分も片づけが苦手だ」

続きを読む

●すぐイライラする人は軽く見られる

 

職場でもプライベートの付き合いでも、大人同士の間では、すぐイライラする人は軽く見られます。

続きを読む

●叱りつけながら、「ありがとう」という素敵な言葉を教えることはできない

 

ママ  「『ありがとう』は? なんで『ありがとう』が言えないの!」

子ども 「……」

ママ  「『ありがとう』が言えないなら、これ返しなさい」

子ども「イヤイヤ…」

ママ 「じゃあ、ちゃんと『ありがとう』って言いなさい」

子ども「あ・り・が・と」

ママ 「もっと大きい声で心を込めてちゃんと言いなさい!」

続きを読む

以前、子どもに何か言うとき「疑問形や抽象的な言い方では伝わらない」という話を書きました。

「子どもにやって欲しいことは具体的に指示する。疑問形や抽象的な言い方はNG」
↓↓↓↓↓

 http://mamanote.jp/news/5475

今回はその続編です。

続きを読む

みなさんは、お子さんとコミュニケーションが取れていますか?
実は、親の方は子どもとコミュニケーションが取れていると思っていても、子どもの方はそう感じていないということがよくあります。
特にママさんたちにありがちなのが、次のような例です。

続きを読む

●叱ってもよくはならない

 

「うちの子は片付けができなくて困る」というお悩みをよく聞きますが、口で叱るだけでよくなるということは絶対にありません。

続きを読む

●そのときのお父さんのひと言

 

これは、ただ今子育て真っ最中のEさんというママさんから聞いたお話です。

Eさんが小学1年生のときのできごとです。

続きを読む

●何気ない言葉ですが……

 

本当は男の子が欲しかった。

あんたが男の子ならねえ。

続きを読む

●子どもの屁理屈に親がキレる


子どもが成長してくると屁理屈を言うようになります。

それに対して親がキレてしまうことがよくあります。

「どっちがえらいかわからせなくっちゃ」という感じで。
 

続きを読む

●子どもは忙しい時に限って話しかけてくる


夕食の準備で忙しいときに、「お母さん、見て見て。今日学校で絵を描いたの……」と絵を見せにくる子ども。

続きを読む

↑このページのトップヘ