親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: メディア掲載の記事



わが子の写真を家庭に飾ると、子どもは「自分は両親に愛されている」と感じ、自己肯定感が高まる━。


こんな考えを基に、子育て世帯に写真の活用を呼び掛ける取り組みが始まっている。


叱ることが多く、子どもをほめる機会がなかなかないという親も多いが、思い出のワンシーンを飾ると、大切に思っている気持ちを伝えられるという。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

  
  【親野智可等先生☆新連載スタート】子どもは親の言葉で自分を知る。
   親に叱られて育った子は、何をするにも自信が持てなくなる


今、世の中には子育てに関する情報が溢れ、親は何を基準に子どもを育てていけばよいのか悩みます。


「でも、子育てで大事なことはたった一つ。それは子どもに自信を持たせてあげることです」、そう話すのは公立小学校で23年間教壇に立ち、たくさんの子どもたちの成長を見てきた教育評論家の親野智可等先生です。


本連載では、そんな親野先生が勧める、親も子もポジティブになれる子育てを紹介していきます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



「なにかいいことがあっても脳はすぐに忘れてしまいます。しかし毎日、自分や家族のプラスイメージの写真を目からインプットすることで、そのつど脳にそれが上書きされ、強化される。それが自己肯定感を高めるんです」


そう話すのは、脳科学者の篠原菊紀先生(諏訪東京理科大教授)。
今年、ベストセラー『「親力」で決まる!』の著者で教育評論家の親野智可等先生と「ほめ写プロジェクト」を立ち上げた。


「ほめ写プロジェクト」は、玄関、リビング、ダイニング、トイレ……家じゅうに、「家族のがんばっているシーン」「家族が目標を達成したシーン」「家族仲よくしているシーン」の写真をプリントして貼りまくるというもの。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●比較によって不幸になった子ども


5年生の花江さんは日曜日に新しい洋服を買ってもらいました。
それは、両肩にフリルの付いたかわいいTシャツです。


とっても気に入ったのでさっそく月曜日にそれを着て学校に行きました。
お気に入りのTシャツを着て過ごす一日はとても楽しい一日でした。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


読売新聞(2018年9月24日)で取り上げられたリビング学習の記事で、コメントさせていただきました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●親子間ハラスメントは存在する 母親は特に注意!


昨今相次ぐハラスメント報道に、日経デュアル読者の皆さんも、「私の職場でもあるかも」と敏感になっていると思います。
しかし、わが子に対してはどうでしょうか。


地位や優位性を背景に、弱い者に対して、苦痛を与えるハラスメントは家庭でも起こり得ます。
家庭におけるハラスメントの9割は親のストレス発散です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●人工知能(AI)が社会を激変させる


人工知能(AI)の進化が加速度的に進んでいます。


米国の学者カーツワイルは、2045年に人工知能が人類の知能を超える技術的特異点(シンギュラリティ)を迎えると言っています。


それは人類に幸福をもたらすのでしょうか?
それとも悲劇の始まりになるのでしょうか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



本サイトの連載「子どもが伸びる親力」で、いつも的確な子育てアドバイスをしてくれている親野智可等先生が中心メンバーとなり、子どもの自己肯定感を高める新しい子育て習慣を発信する、「ほめ写プロジェクト」をスタートしました。


「ほめ写」とは、いったいどんな子育て習慣なのでしょうか?
発表会に参加してわかったその内容をリポートします。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●「叱る」という行為にいいことは一つもない
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


諦めが早い、引っ込み思案、怒りん坊、泣き虫…。
ママには、こうしたわが子の短所が目に付いてしまうもの。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加





親野さんは、生活や遊びの中で楽しみながら知的な刺激をして地頭を良くする「楽勉」を推奨している。「子どもに勉強をさせたいなら楽しい勉強の仕方を教えればいい」という。



●学ぶことを楽しめれば必ず後伸びする子になる



子どもの学力を伸ばしたいと思ったとき、まず親がすべきことは「勉強しなさい」ということではなく、「どうやったら勉強が好きになるだろうか」と考えることだと親野智可等さんはいう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


夏休みの宿題ド定番といえば自由研究!
親にとっても面倒な課題だけれど、楽しく上手に向き合えば、わが子の才能を伸ばす、またとないチャンスに♪
小さな探究心を揺さぶるために、親ができることとは?


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




読書が習慣になっていない子どもに、ただ「本を読みなさい」と言ってもムダです。心から感動できる一冊の本に出会い、それを学びにつなげる方法を親野先生に解説していただきました。



●本当の感動を与えてくる自分の一冊を発見することが大事



「本をたくさん読めば語彙や知識が増えます。言葉の表現力もみがかれ、長い文章に尻込みするようなこともなくなります。でも、必ずしもすぐに国語の成績がよくなるとはかぎりません。読書する目的を国語の成績を上げるためと考えると、読書自体を楽しめなくなってしまいます」と親野先生。


それでは、なぜ読書の習慣が大切なのでしょうか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




●嵐ファンにおすすめ! 「私の“嵐”研究」



アイドルグループ嵐ファンの子におすすめなのが、嵐の研究。
血液型や星座で分類したり、出演したドラマや映画のタイトル、趣味や休日の過ごし方をメンバーごとに表にしよう。


デビューしてからの活躍ぶりを折れ線グラフにしたり、歌詞を書き写してキーワードを集めるのもいい。
また、同じ事務所のTOKIOや関ジャニと徹底比較すれば、嵐の魅力が一層際だつだろう。


研究するのは、何も嵐に限らない。
好きなタレントや有名人を自分なりに分析し、紙にまとめていけばいいのだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




●いろいろな紙でトライ


自由研究のまとめ方や用紙は特に指定されていないことが多い。
だから、自分の研究に合わせてピンとくるものを選ぼう。
用紙が変われば見せ方も変わり、見栄えも変わる。
どんな風にまとめるか、発想も広がって楽しくできるだろう。


親野先生のおすすめは、次の6種類。
選ぶときの参考にしてほしい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は親野先生にうかがった、おすすめの自由研究を紹介する。
研究材料を見つける参考にしてほしい。



●色の違いによる布の温まり方の違い



▼目的

白い布と黒い布で、温まり方に違いがあるのか調べる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




「これは、すごい!」と先生もうなるような自由研究をしたいという子がいたら、どうサポートしたらいいのだろうか?
親野智可等先生に伺った。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



研究するのはいいけれど、まとめるのが大変!と感じる親子は多い。
何かコツはあるのだろうか。
親野智可等先生に伺った。


「自由研究をまとめるのはそれほど難しいことではありません。
書くことが決まっているので、フォーマットに添って項目を書いていけば、自然にまとまります」。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



前回の続きです。
自由研究の3つの型のその3は、「思いつき単発型」です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



前回の続きです。
自由研究の3つの型のその2は、「何かのついで型」です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ