親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: メディア掲載の記事


夏休みの宿題ド定番といえば自由研究!
親にとっても面倒な課題だけれど、楽しく上手に向き合えば、わが子の才能を伸ばす、またとないチャンスに♪
小さな探究心を揺さぶるために、親ができることとは?


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




読書が習慣になっていない子どもに、ただ「本を読みなさい」と言ってもムダです。心から感動できる一冊の本に出会い、それを学びにつなげる方法を親野先生に解説していただきました。



●本当の感動を与えてくる自分の一冊を発見することが大事



「本をたくさん読めば語彙や知識が増えます。言葉の表現力もみがかれ、長い文章に尻込みするようなこともなくなります。でも、必ずしもすぐに国語の成績がよくなるとはかぎりません。読書する目的を国語の成績を上げるためと考えると、読書自体を楽しめなくなってしまいます」と親野先生。


それでは、なぜ読書の習慣が大切なのでしょうか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




●嵐ファンにおすすめ! 「私の“嵐”研究」



アイドルグループ嵐ファンの子におすすめなのが、嵐の研究。
血液型や星座で分類したり、出演したドラマや映画のタイトル、趣味や休日の過ごし方をメンバーごとに表にしよう。


デビューしてからの活躍ぶりを折れ線グラフにしたり、歌詞を書き写してキーワードを集めるのもいい。
また、同じ事務所のTOKIOや関ジャニと徹底比較すれば、嵐の魅力が一層際だつだろう。


研究するのは、何も嵐に限らない。
好きなタレントや有名人を自分なりに分析し、紙にまとめていけばいいのだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




●いろいろな紙でトライ


自由研究のまとめ方や用紙は特に指定されていないことが多い。
だから、自分の研究に合わせてピンとくるものを選ぼう。
用紙が変われば見せ方も変わり、見栄えも変わる。
どんな風にまとめるか、発想も広がって楽しくできるだろう。


親野先生のおすすめは、次の6種類。
選ぶときの参考にしてほしい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




今回は親野先生にうかがった、おすすめの自由研究を紹介する。
研究材料を見つける参考にしてほしい。



●色の違いによる布の温まり方の違い



▼目的

白い布と黒い布で、温まり方に違いがあるのか調べる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




「これは、すごい!」と先生もうなるような自由研究をしたいという子がいたら、どうサポートしたらいいのだろうか?
親野智可等先生に伺った。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



研究するのはいいけれど、まとめるのが大変!と感じる親子は多い。
何かコツはあるのだろうか。
親野智可等先生に伺った。


「自由研究をまとめるのはそれほど難しいことではありません。
書くことが決まっているので、フォーマットに添って項目を書いていけば、自然にまとまります」。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



前回の続きです。
自由研究の3つの型のその3は、「思いつき単発型」です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



前回の続きです。
自由研究の3つの型のその2は、「何かのついで型」です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



自由研究には次の3つの型がある。


その1:自己興味発展型
その2:何かのついで型
その3:思いつき単発型


その違いを知って、わが家のわが子にふさわしいものを選ぼう。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今、小学校では新聞を使った授業がよくおこなわれています。
ためしに現行の小学5年生の国語の教科書を見てみてください。
すると、すべての出版社の教科書で「新聞」について詳しく取り上げていることがわかるはずです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子どもが「夏休みにこんなことをやったぞ!」という充実感がもてれば、自由研究は大成功!
成功するためにはずせない3つのポイントを親野先生から教わった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



■質問


学校で習ってない問題が通信教材で出たときは、どうすればいいでしょうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

子どもにとっては楽しい夏休みですが、みなさんの中には、「自由研究のことを考えると頭が痛い」という人も多いのでは? 

でも安心してください!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




■質問


学校で習ってない問題が通信教材で出たときは、どうすればいいでしょうか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お悩み


2年生の女の子の母ですが、子育てについての考え方が、夫婦間で違って困っています。
例えば、私は子どもに間食をさせないのですが、夫は、普通におやつをあげています。


夫も愛情を持って子育てをしているのはわかるのですが、子どもの将来を考えると、不安になります。
夫に対して、どのように対応すればよいのでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お悩み


4年生の男の子の母ですが、子どもが飽きやすくて悩んでいます。
自分から「やりたい!」と言って、なんでも始めますが、すぐに飽きてしまい、違うことに興味が移ります。その繰り返しで、まったく長続きしません。
せめて1年くらいは続けてほしいのですが、なにか説得方法はあるでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お悩み


5年生の男の子と2年生の男の子を持つ母ですが、いつもきょうだいゲンカをして困っています。
きょうだいの仲を良くしたいために、ケンカをしているとそのつど注意するようにしていますが、変わりません。
どうすれば仲良くなるのでしょうか。
続きを読む


●お悩み


6年生の男の子の母ですが、子どものある質問への答え方に悩んでいます。
最近よく「勉強は何のためにするの?」って、私に聞いてくるんです。
子どもが納得する答えを言ってあげたいのですが、
どのようなことを言えばいいのでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お悩み


4年生の男の子の母ですが、子どもの友達のことで悩んでいます。
しつけがなっておらず、クツも散らばったまま、遊んだものも片付けません。
注意してあげた方がいいとも思うのですが、友達との関係にヒビが入らないか心配です。
こうした子どもには、どう対応すべきなのでしょうか。
続きを読む


●お悩み

3年生の男の子の母ですが、子どもの不得意科目で悩んでいます。
国語や算数などの主要科目は普通にできるのですが、
音楽、図工、体育がまったくできないんです。
どうしたら得意にさせることができるでしょうか。
続きを読む



●お悩み

うちの子どもは、一人っ子です。
祖父母やママ友など周りから、「一人っ子は甘やかされて育つから、自己中心的でわがままになる」という話をよく聞かされ、とても悩んでいます。


一人っ子を育てるには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●お悩み

3年生の男の子の母ですが、おこづかいの渡し方で悩んでいます。
子どもが「○○が欲しい」と言ってきて、必要があると判断すれば、その都度、その金額を渡しています。
毎月決まった額を渡す家庭もあるなか、我が家のやり方は間違っているのでしょうか。
続きを読む



●お悩み

4年生の男の子の母ですが、子どもの好き嫌いで悩んでいます。
ナスやニンジンなど苦手な食べ物が多いんです。
好き嫌いなく何でも食べられるようにしてあげたいのですが、
どのようなことをすればよいのでしょうか。
続きを読む




●質問



――子どもとの生活に煮つまって、子どもにあたってしまうことがあります。

どんなことに心がけたらいいでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●質問



――「注意しない親」と見られないために世間の目を気にして「ダメ」と注意してしまうことがありますよね。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

                            
書く力を伸ばすために取り組む作文や読書感想文。
「自由に書いていい」とは言うけれど、コンクールで表彰される子とそうでない子の違い
は何なのでしょうか? 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●質問

――子育てが思うようにいかないと、子どもをしかったり怒鳴ってしまうことがあります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●質問

――0歳で習い事をする子もいます。
早期教育についてはみんな悩んでいて、いつから初めて何をやったらいいか。
注意するポイントはありますか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


家庭は「安らぎ」がキーワードです。
とくに0 -3歳は、日々安らぎを感じている状態がとても重要。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●質問

「0 -3歳の子どもにとって、親としてここだけは押さえていきたいことは何でしょう?」
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


国語の授業や学校行事の後に取り組むことの多い作文や日記。
得意な子はスラスラ書けるけれど、苦手な子は一文字も進まない……。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


小学生になると子ども同士で遊ぶことが増え、友達関係のトラブルも起きやすくなります。
子ども同士のトラブルは、本人たちで解決し、成長してほしいものですが、子どもの様子がいつもと違う場合は放っておくこともできませんよね。

では、そんなときに親はどうサポートすればいいのでしょうか。
教育評論家の親野智可等先生に親のNG発言や注意点、サポート方法を聞きました。

続きを読む


学校から宿題で出される漢字の書き取りを負担に感じる子どもは多いもの。
「書き取り=大変な作業」と、漢字に対して苦手意識を持ってしまうこともあるようです。
そこで、教育評論家の親野智可等さんに、漢字をストレスなく覚える方法と親ができるサポート方法を教えていただきました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018組に1万円分の商品券が当たる「はじめようの春 応援キャンペーン」(ネッセ&イオンモール)の記事です。
応募方法も出ています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもの宿題で、国語の教科書を声に出して読む「音読」がよく出されるかと思います。
なぜ、この音読が大切なのでしょうか。
音読のメリットや子どもが音読を練習するときに気をつけることを教育評論家の親野智可等先生に教えていただきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

親子で過ごす時間が増える冬休み。
うれしい反面、宿題をなかなかやらない、部屋を片付けない、時間にルーズなど子どもの〝欠点〟が目に付き、ついつい小言が増えがちだ。続きを読む


公立小学校で23年間教師を勤めた親野智可等さん。
子どもたちが未来を切り拓くために必要な力は“自己実現力”。
そのために親ができることは何か。引き続きお話を伺います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


── 親野さんは本当にたくさんの子どもたちと関わってこられました。
今も昔も、子育てとは悩みが多いものですね。


23年間の教師生活で、担任として受け持った教え子は650人です。
すっかり顔がかわって道で会ってもわからない子も多いですが、「○○小学校の□□です」と言ってくれれば思い出します。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●地頭がいいと思う子は知的好奇心が旺盛。ではどうすれば…


こんにちは、親野智可等です。
早速ですが、私が地頭がいいなぁと感じる子は、知的好奇心が旺盛なことが多いです。
なぜ知的好奇心があるのかというと、子どものときから生活や遊びのなかで、知的に鍛えられているからです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●今回のお悩み「わが子に友達がいるのか不安」


3年生の男の子の母ですが、わが子の友達関係で悩んでいます。引っ込み思案の性格で、放課後は家で一人過ごすことも多く、学校の休憩時間などに一緒に遊ぶ相手がいるのか、とても不安です。
親としては、ただ見守るしかないのでしょうか。


一人でいることの多いわが子の姿を見ると「この先、人間関係で困らないかしら」とつい不安になるのが親心。今回は、子どもの「友達関係」について先生に聞いてみました。

続きを読む


わが子に初めて対面した時、「生まれてきてくれてありがとう!」とただ感激だったはず。しかしやがて、「ちゃんとした子に」「何でもできる子に」などという思いが出てこなかっただろうか。


「子どもたちに自分のいいところを聞くと、ほとんどの子が『ない』と答えます。それはなぜかというと、家庭で親からあまり褒められていないから。親は一様に『子どもが可愛い』と言います。しかし、愛情が空回りしている場合が多いのです」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


日ごろは見られない、わが子の学校での様子を垣間見ることができる“授業参観(学校公開)”。
親御さんはワクワク、お子さんはドキドキソワソワする日ですね。
元教師で教育評論家の親野智可等先生によると、この授業参観を通して、意外な親子関係が見えてくるそうです。
そこで、詳しくお話しを伺いました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今日はわが子の授業参観。
楽しみに行ったものの、授業で指名されてもモジモジするばかりで発表ができない…、手が挙げられない…。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの授業参観で見るべきポイントとマナー
子どもの授業参観といえば、日ごろ家では見られないわが子の学校での様子が見られる絶好の機会です。
せっかくの機会だからこそ、しっかりどこを見たらよいのか? 
見るポイントとは? 
また、気を付けたい保護者のマナーとは? 


元教師で教育評論家の親野智可等先生にお話しを伺いました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


創刊55周年を迎えた『灯台』は、一貫して家庭教育の重要性を訴え続けてきました。
この間、家庭教育は、どのような変遷をたどってきたのでしょうか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


インターネットで不用品などのを売買ができるフリーマーケットアプリ「メルカリ」で、「夏休みの宿題」をうたった工作作品などが多数、出品されている。

続きを読む

こんにちは。Tomekkoです。

前回はぐうたらおっとり長男の行動が本当に魔法のように変わった模擬時計のお話をしましたが、今回はその仕組みと、その後の更なる変化をお伝えしたいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


◆◆◆図鑑は、どんなことにも前向きに取り組む自信や、将来社会で求められる発想力や独創性まで育みます◆◆◆


前回は、虫好きな子に昆虫図鑑を用意すると、いいことがいっぱいあるというお話を教育評論家の親野智可等先生にうかがいました。
虫好きの子に限らず、図鑑は多くの子どもを伸ばす万能アイテムであるようです。
引き続き、親野先生にお聞きします。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


◆◆◆子どもが昆虫好きで夢中になっているときは、ドンドン応援してあげましょう◆◆◆

特に男の子のお母さんに多いお悩みですが、「子どもが虫好きなのですが、私は苦手なためどのように寄り添ってあげたらよいでしょうか?」というようなものがあります。
子どもって、小さくて動きが面白い虫が好きなものですよね。
そんな虫好きな子どもに、親はどのように接してあげたらよいでしょうか。
教育評論家の親野智可等先生にうかがいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ