親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ: ママも小学2年生


●好きなこと、向いていること、やりたがること


「来年から何か習い事をさせたい。何がいいだろうか?」
「そろそろ、○○を習わせたい。どこでやらせるのがいいかな?」
このように、学年末の時期になると、新しい習い事について考えることが多いと思います。
私は、習い事は次のようなことをやらせてあげるといいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●式がつくれないのは文章の内容がイメージできないから


計算はできるけど文章問題が苦手という子がいます。
それは、つまり、式をつくるのが苦手ということを意味します。
そもそも、加減乗除のうちのどれにすればいいかわからないということも多いようです。
では、その理由は何なのでしょうか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●分数は子どもにとってかなり不思議な数


今の子どもたちは、2年生の3学期に分数を勉強することになっています。
「今の子どもたち」と書いたのは、つい4年前の2009年度までは4年生の勉強だったからです。
学習指導要領の改訂で、一気に2年早くなったわけです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●全体のイメージを明るく華やかで楽しい感じに


みなさんは、「子どもを勉強好きにしたい」「進んで勉強ができる子になって欲しい」と願っていると思います。
そのためにできることはいろいろありますが、今回オススメしたいのは「丸つけでほめる」方法です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●標語は大切なことを思い出させてくれる


「何度言ったらできるの?」
これは、親であるみなさんが非常によく口にする言葉だと思います。
本当に、子どもは同じことを何度言われてもできないものです。
というより、実は、子どもだけでなく大人でもそうですね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●文章問題を作るコツ


私が教師として最後に受け持ったのが2年生でしたが、そのときの教え子にYさんという女の子がいました。
その子は、毎日欠かさず自主勉強をやってきました。
特によくやってきたのが算数の文章問題でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●お母さんの一計


みなさんは、親子日記というものをご存知ですか?
これは親子が文通するように書く日記のことです。
ある女の子は、幼稚園のときにお父さんと親子日記を始めました。
仕事の関係でお父さんの帰りが遅くなり、父娘の触れ合いが少なくなったので、お母さんが一計を案じたのです

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●忘れ物をしない環境をつくる


子どもの忘れ物を減らすためには環境の整備や合理的な工夫も大切です。
たとえば、去年の教科書や使い終わったノートがいつまでも机の上にあったりすると、今年のものと勘違いして学校に持っていってしまうことになりかねません。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●大切なのは親のサポート


前回までに、忘れ物の多い子を放っておくと次の4つ弊害があると書きました。

1. ますます忘れ物をするようになり自己肯定感が持てなくなる

2. 授業に集中できなくて学力が下がる

3. 子ども自身も自業自得方式を身につけて、友達に冷たくなる

4. 冷たい親に対する愛情不足を感じる

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


「忘れ物が多いとどうなるか?」の続きです。

●冷たい親に対して愛情不足を感じる


「忘れ物が多いとどうなるか?」で、忘れ物の多い子を自業自得方式で放っておくと次の3つ弊害があると書きました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもの忘れ物で悩む2年生の先生


つい先日、ある知り合いの先生とスーパーでばったり会って、立ち話をしました。
その先生は今2年生を受け持っているのですが、子どもたちの忘れ物が非常に多くて困っているそうです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもが習った漢字を使わない理由は3つある


親のほうは、学校で習った漢字は、日記や作文で、あるいはノートに書くときに使って書くようにさせたいと思っています。
でも、子どもはなかなか漢字を使ってくれませんね。
私は次のような理由で漢字を使わないのだと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●1年生と2年生では、親の意識がかなり違う


私は2年生の担任を4回やりました。
その経験で言えることは、子どもが2年生になると親の意識がかなり変化するということです。
よく言えば”余分な力が抜ける”ということですが、”気を抜く”とか”手を抜く”といったほうが当てはまるケースも多々あります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●子どもにとって漢字の学習は大きな負担


1年生で習う漢字は80字で、2年生はその倍の160字です。
3年生と4年生が200字で一番多く、その後少し減って5年生で185字、6年生で181字です。
また、学年が上がるに連れて、習う漢字の画数が増えたり読み方が複雑になったりもします。
これはよく考えてみれば大変なことです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●カオスからグループ化へ


新学年が始まって1ヶ月とちょっと経ちました。
この時期は、子ども同士の友達関係に気を配る必要があります。
特に、進級時にクラス替えがあった場合はそうです。

続きを読む

●市販のキットがオススメ
 
前回、私のイチオシの自由研究について書きました。
http://oyaryoku.blog.jp/archives/64648638.html 

本当はぜひそちらをやってほしいのですが、今回は
「そうはいっても時間がない。もっと手軽にやりたい」
というときにできる自由研究を紹介します。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●自由研究は悩みの種
 
夏休みの悩みの種の1つに自由研究があります。
 
親子ともども、「何をやっていいのかわからない」「どうやればいいのかわからない」と頭を抱えてしまう家庭が多いようです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ