親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ:連載 一覧 > 教えて!親野先生(連載)



今回の相談

私の口癖は「またちゃんとやってない」「何度言ったらできるの!」「ちゃんとやらなきゃダメでしょ」「なんで自分でできないの?」です。私の否定的な言葉のせいで、子どもがますますやる気をなくしているのがよくわかります。もっと子どものやる気を引き出す言い方はないでしょうか?

相談者・スープママ さん (小学1年生 男子)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 家族旅行のために学校を休むことについて、どう考えたらいいでしょうか? 
 私のママ友のAさんが以前子どもに学校を休ませて旅行に連れて行ったという話をしたら、同じくママ友のBさんが「それってずる休みでしょ」と言いました。それで、Aさんが「ずるって何よ!」とキレて険悪な感じになってしまいました。

相談者・C さん (小学2年生 男子)
続きを読む



今回の相談

 子育てについての考え方が夫と私でまったく違い、困っています。
 たとえば、私は食事と決められたおやつの時以外は食べさせたくないのに、夫はけっこう気ままに食べますし子どもにも食べさせます。先日「今日は玩具は買わないよ」と約束してスーパーに行ったのに、私が買い物している隙に夫が玩具を買おうとしていました。それで私も切れて言い合いになってしまいました。

相談者・ゆうかり さん (小学2年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 長女がスマホとテレビと芸能人に夢中で、やるべきことをやらずにダラダラしています。「ちょっとは勉強したら?」と言ったら、「はっ? うざい。今ので、やる気なくなった」と言われ、「自分の部屋くらい掃除したら?」と言った時は「うっせえ! ほっとけ」と言われました。
 反抗的な言葉遣いにイライラします。

相談者・ゴマクリーム さん (中学2年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

 息子の友達が3人、よく家に来て一緒に遊んだり勉強したりします。その子たちは3人ともしっかりしていて、勉強もよくできて片付けも上手です。それに比べてうちの子はだらしがなく、ノートの字は雑、勉強はできない、片付けも下手ときています。
 男子と女子なら、男子だからしょうがないと思えるのかもしれませんが、男子同士なのでどうしても比べてしまいます。

相談者・あちこち48 さん(中学2年生 男子)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談

うちの子は非常に手がかかる子です。去年と一昨年は同じ先生で、いつも叱られっぱなしで親子でつらい日々でした。今年の先生は叱るどころかいっぱいほめてくれて、毎日学校に行くのが楽しい様子でした。家にいる時も笑顔が増えて弟にも優しくなりました。一年間の感謝の気持ちを伝えたくて、デパートから贈り物をしようと思ったのですが、夫に反対されました。

相談者・バレエダンサー さん(小学3年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談

あるイベントで、係の人がやり方を説明して「では、スタート」と言ったのに、うちの子は話を聞いていませんでした。それで、私のところに「何すればいいの?」と聞きに来ました。こういう時はどうすればいいのでしょうか?教えるべきか?突き放すべきか? このままでは、話を聞けない大人になるのではないかと心配です。

相談者・なお さん(小学2年生 男子)
続きを読む



今回の相談

子どもがリビングで勉強したがります。私はそのほうがいいと思うのですが、あるママ友は「勉強は自分の部屋でやったほうが集中できる。小さい時からそういう癖をつけたほうがいい」と言います。リビング学習の長所と短所について教えてください。それと、リビング学習で気を付けることはありますか?
相談者・セブンエイト さん(小学2年生 女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談 

娘がスマホを常に持ち歩き、ライン依存症です。ツイッター、ゲームなどにもかなりの時間を取られています。いい加減にしなさいと叱っても、反発するだけで聞く耳を持ちません。

相談者・ふくむすめ さん(中学3年生 女子)
続きを読む


今回の相談

 親バカで恐縮ですが、うちの娘は算数と運動がよくできて、性格も明るくてあいさつもよくします。
 それで、先日あるお母さんにこの3つのことをほめられたのですが、私は「でも、家ではだらしがないんですよ。お手伝いも2、3回叱られてやっとやるんです」と答えました。それを聞いていた娘に、あとで「なんであんなこと言うの?」と反発されてしまいました。
 こういうとき何と答えたらいいのか迷います。「本当にそうなんですよ。算数も運動もあいさつもできてうれしいです」なんて言えないし……。下手に答えて「自慢している」と思われて、ママ友関係がまずくなるのは避けたいです。
相談者・こっこ さん(小学4年生女子の保護者)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の相談 

 家が手狭なので多すぎるおもちゃを処分したいと思います。ママ友は「子どもに聞けばダメと言うに決まっているから、いないときに親の判断でさっさと捨てる」と言います。私は勝手に捨てるのはかわいそうな気がします。とは言っても、子どもに聞けば手間がかかりそうです。勝手に処分してもいいものでしょうか?
相談者・海辺のひととき  さん(小学4年生女子の保護者)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
仕事の都合と家庭の事情で、旦那、つまり子どもたちのパパが単身赴任することになりました。初めてのことなのでいろいろ不安で、特に子どもへの影響が気になります。これから、パパと子どもたちの人間関係をうまく保っていくにはどうすればいいでしょうか? (PFすみずみ さん:小学1年生と年中の女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
  3年生の長女が年長の妹と年少の弟にキレることが多くて困っています。先日も、おやつの取り合いで下の2人を叩いて泣かせました。注意しても「いつも私ばっかり怒る」とふてくされるだけで、心に届いていないようです。私としては公平にしているつもりなのですが……。
 もっとお姉ちゃんらしく妹や弟に優しくなってほしいのですが、どう言えばいいのでしょうか? (お散歩ブーム さん:小学3年生 女子)
続きを読む



今回の相談
 
 子どもが好き嫌いが多くて心配です。料理の工夫も、できるだけのことはしていますが、毎回工夫を凝らすこともできません。先日も、「これ嫌い。食べたくない」と文句を言ったので、「それなら食べなくていい」と怒鳴ってしまいました。お互いかなりのストレスになっています。(フラッコリー さん:小学1年生女子)
続きを読む



今回の相談
 
 とても怖がりで困っています。一人で部屋にいるのを嫌がり、テレビで戦いの場面が出るとチャンネルをかえます。線香花火も怖くて持てず、無理に持たせようとすれば大泣きです。ジェットコースターどころか滑り台ものりません。こんなに怖がりでは将来が心配です。育て方に問題があったのでしょうか?(いかちゅう さん:小学3年生男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談 
 
子どもがしょっちゅう「なぜ○○なの?」「どうして○○?」と聞いてきます。できるだけ付き合うようにしているのですが、あまりにもしつこいときはイライラしてきます。(野菜サラダ さん:年少女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 お友達と遊んでいて、時々相手を押しのけたり叩(たた)いたりしてしまいます。理由はおもちゃや場所の取り合いが多いようです。どうしたら直るのでしょう? もっと厳しく叱ったほうがいいのでしょうか? このままでは、暴力的な人間になってしまうのではないかと不安です。(旅行大好き人間 さん:年中男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 子どもがミュージカルのオーディションを受けたとき、「落ち着かない。自信がない。落ちるかも」と言っていたので、「がんばって練習してきたんだから大丈夫だよ」と励ましました。そうしたら、「お母さんは私の気持ちを何もわかってくれない」と言われて、ショックでした。
 もうすぐ高校受験なのですが、子どもはまた「自信がない」と言いだすかもしれません。うまく励まして緊張をほぐすにはどうすればよいのでしょうか?(カンテラ さん:中学3年生女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



 今回の相談
 
 4年生のお姉ちゃんは親の言うことを素直に聞いてくれて、自分で何でもしっかりできるのですが、弟はまったく正反対でだらしがなく、何度言ってもできません。同じように育てているのに、弟のことだけでいつもへとへとになります。おまけにこの頃は反抗的になってきました。(はてなママ さん:小学1年生男子)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 私が地獄の絵本を読み聞かせてから、「地獄ってあるの? 鬼が来ると怖いからトイレの外で待っていて」などと言ってきます。悪いことをしたりウソをついたりしないように、しつけのために読んだのですが、ちょっと心配な気もしてきました。こういうしつけ方はやめたほうがよいのでしょうか? (モモンガ さん:年長女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ