親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

カテゴリ:連載 一覧 > もっと伸ばそう!子どものチカラ(連載)学研

子どものやる気をつぶすのも引き出すのもすべては言葉次第です。
では、子どものやる気をつぶす言葉とはどういうものでしょう?

続きを読む

子どもを伸ばすにはほめるのが一番です。
ほめない親や先生は子どもを伸ばすことはできません。

続きを読む

教師をしていたときのことです。
ある日、私は丸つけの仕方で子どもの意欲を高めることができるのではないかと思いつきました。

続きを読む

子どもの話を聞くとき、大人の態度には正論型と共感型という2つのタイプがあります。

続きを読む

子どもを勉強好きにして、学力を高めてあげるにはどうしたらいいのでしょうか?
これは親や先生にとって一番の願いであり永遠の課題でもあります。

続きを読む

たとえば、やるべきことを後回しにして平気で遊んでしまう子がいたとします。
それは大人であるあなたにとって不快なことなので、短所とみなされます。

続きを読む

私は今から十五年くらい前にパソコン教室に通っていました。
パソコンが苦手で、「このままではいけない」と思ったからです。

続きを読む

全ての勉強の基礎になるのが国語の力です。
でも、その肝心な国語が苦手で困るという話を、親からも先生からもよく聞きます。

続きを読む

子どもの中には、自分から先生にどんどん話しかけてくる子もいれば、自分からはまったく話しかけてこない子もいます。
続きを読む

うちの子はなかなか宿題・勉強に取りかからなくて困る、という悩みをよく聞きます。
さんざん遊んだ揚げ句、夜になって泣きながらやる、という子もいます。
続きを読む

子どもがやるべきことをやってくれないと、つい叱りたくなるものですね。
でも、口で叱るだけではなかなかできるようになりません。
続きを読む

算数の文章問題が苦手な子を見ていると、手も足も出ないまま固まっていることがあります。
続きを読む

みなさんは、子どもたちのノートやプリントに「がんばってるね」「この調子」「あ~、おしい!」などのコメントを書いてあげることがあると思います。

続きを読む

大人も子どももそうですが、人間というものは、同じことを何度言われてもなかなかできるようにならないものです。

続きを読む

学校や幼稚園・保育園の先生たちに講演をすると、質疑応答のときによく保護者への対応について聞かれます。
続きを読む

日ごろの勉強やテストで、子どもはよくケアレスミスをします。
注意されても、すぐ忘れて同じことを繰り返します。

どうしたらケアレスミスを減らせるのでしょうか?

続きを読む

子どもが「疲れた。勉強やりたくない」などと言ったとき、親も先生もすぐ否定的に叱ってしまいます。
続きを読む

教師時代のある日、「15-8」のような繰り下がりの引き算ができない子がいたので、私はつきっきりで教えていました。続きを読む

私が2年生で受け持ったAさんという女の子は、宿題以外の自主勉強を毎日やっていました。
特によくやったのが算数の文章問題でした。

続きを読む

教科書や参考書などをもとに、親や先生が問題を手作りしてあげると子どもは喜びます。
ネーミングとしては「教科書クイズ」「勉強クイズ」「理科三択クイズ」などです。

続きを読む

子どもの学力を上げるためには、生活や遊びの中で楽しみながら知的に鍛える”楽勉”が大切です。
国語を例に紹介します。

続きを読む

「子どもを勉強好きにしてあげたい。学力をつけてあげたい」と思ったとき、ぜひお薦めしたいのが学習マンガです。続きを読む

生活の中で機会をとらえて、ぜひ、子どもたちにことわざを教えてあげましょう。
例えば、絵を描くのが好きで上手な子には、「好きこそものの上手なれ」ということわざを教えます。

続きを読む

地理に関する知識は社会科のすべての分野において極めて重要です。続きを読む

笑顔は本当に大事です。
いつもにこにこしている人はそれだけで周りを幸せにします。
続きを読む

なかなか勉強に取りかかれない子がたくさんいます。
ある男の子も、宿題を目の前にしながらいつまでも取りかかれない子でした。

続きを読む

私は、若いころ、細かくて厳密な漢字指導をしていて、ちょっとでも教科書の字と違うとバツをつけていました。
続きを読む

”視写”という勉強法があります。
これは”視て写す”の字のごとく、教科書の文章や説明をノートに書き写すという単純にして明快な勉強法です。

続きを読む

大人が子どもによく掛ける言葉の一つとして「がんばれ」があります。

もちろん、子ども本人がやる気に溢れていて「さあ、がんばるぞ」と思っているときには、この言葉は大きな励みになります。

続きを読む

ひと口に引き算の問題といってもいろいろな種類があります。
続きを読む

ある5年生の女の子が、休日に家族と郷土博物館に行き、勾玉作りとちょっとした発掘作業を体験しました。

続きを読む

私は、中学生の時、数学や理科が苦手でした。
特に数学は意味不明で、何が何だか全くわかりませんでした。
続きを読む

大人の仕事でもよくあることですが、時間がたっぷりあると思うとなかなか集中できずに、だらだらと時間が過ぎてしまいがちです。

続きを読む

みなさんは、小学生新聞とか中学生新聞などの子ども向け新聞を手に取ってみたことがありますか?

続きを読む

学校の授業で一つの単元が終わると、その単元の理解度を調べるテストが行われます。

つまり、社会の江戸時代の勉強のあとには江戸時代についてのテスト、理科の電気の勉強のあとは電気について、国語の「ごんぎつね」のあとは「ごんぎつね」についてのテスト、というようにです。

続きを読む

ある日、新幹線に乗っていたときのことです。

私の隣に座っていた男性が、車内販売員さんに「コーヒーください」と言いました。

続きを読む

算数を好きにさせる一つの方法として、お薦めしたいのがゲームやパズルの活用です。続きを読む

みなさんは電子辞書というものを手にしたことはありますか?

もしまだでしたら、ぜひ一度手に取ってみてください。

続きを読む

覚えるのがめんどくさいから勉強が嫌いという子も少なくありません。

そこで、ひと工夫。

五七五や五七五七七のリズムを活用すると楽しく覚えられます。

名づけて「暗記リズム歌」です。

続きを読む

子どもたちは自分たちが使っている教科書しか見たことがありません。
でも、教科書はどの教科も5,6種類あり、出版社によってけっこう違いがあります。

同じ学年で同じ教科の教科書でも、使っている写真、イラスト、文字の濃淡、取りあげる事例、例題、説明の仕方などが違うので、とても新鮮に感じられます。

続きを読む

子どもが勉強に集中できないとき、その理由にはいろいろありますが、意外に見落としがちなのが机と椅子のことです。

続きを読む

突然ですが、次のなぞなぞを考えてみてください。

1,新聞にのっている鳥は?
2,いくらこぼしても減らないものは? 
3,果物の絵を描いているのですがいつまでも完成しません。何という果物でしょう? 
4,夜空で行儀よく座っているものって何?

続きを読む

テレビで見たのですが、あるデイサービスでお年寄りの認知症の予防と改善のために「間違い探し」を取り入れていました。
間違い探しとは、ほとんど同じ2つの絵を見比べて違っているところを探し当てるゲームです。

続きを読む

勉強への集中力は室内の温度と湿度に影響されます。
当然ながら、室内の温度が高くて汗が出るような状態では勉強に集中できません。
汗が出るほどではなくても、温度が高いと眠くなります。
続きを読む

語彙力を上げるためには、生活の中で国語辞典に親しむことが大切です。
例えば、テレビで聞いたり本で目にしたりした言葉を、国語辞典でどんどん調べてマーキングしていくと効果的です。

この他にも、国語辞典を使った楽勉としてお薦めなのが国語辞典クイズです。

続きを読む

算数の「割合」の勉強は子どもたちがとても苦労する勉強の一つです。
苦手意識を取り除くためには生活の中で割合に親しむことが大切です。

続きを読む

子どもにやらせたいことがあるときは、それを具体的に伝えることが必要です。
抽象的な言い方をしても、子どもには実際にどうすればいいかわからないことがあるからです。

例えば、「早くしなさい。電車に遅れるよ」と抽象的に言っても、子どもはどれくらい急げばいいのかわかりません。続きを読む

知り合いのある女性が、テレビのリモコンのことで夫婦げんかをしたという話をしてくれました。

夫が「また決めたとこに置いてない。ちゃんとここに置かなきゃダメだろ。
何度言ったら置けるようになるんだ」と言ったので、カチンと来て言い返してけんかになったそうです。

続きを読む

↑このページのトップヘ