●子どもはミスや失敗が多い


子どもは日々いろいろなミスや失敗をします。


たとえば子どもが物を壊してしまったとき、「何してるの!気をつけなきゃダメでしょ」などと言ってしまうこともあると思います。


でもこんなふうに責める回数が多くなると、次のような弊害が出てきます。


・子どもがミスや失敗を隠す
・自分を守るためにウソをつく
・人のせいにする
・チャレンジしない消極的な子になる
・自己肯定感が下がる
・回復力(レジリエンス)が下がる
・他者の失敗を責める


ですから子どもがミスや失敗したときは、子どもが安心できる対応をしてあげましょ
う。

つづきはこちらから ↓↓↓