Twitter

MLBで大活躍中の大谷選手。

大谷選手の両親は、子どもの頃から彼を叱ったことは「ほとんどなかった」と言っています。
大谷選手本人も「ほとんど怒られた記憶がない」とスポーツライターの佐々木亨氏に話しています。
それによって育まれた自己肯定感が、彼の大活躍の土台であることは間違いありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

子供が日記や作文を書いたら、「1,内容に共感する 2,表現をほめる」の2つが大事。
「そんなこと言われると悔しいよねえ」(共感)「悔しい気持ちが詳しく書けてるね」(表現をほめる)。

この2つがあれば子供は書くことが好きになります。
「字を丁寧に」「もっと詳しく」などと叱ると嫌いになります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

中学生や高校生に理不尽な校則を一方的に押しつけるのはやめるべき。

ルールを守ることだけを押しつけるのは、民主主義国の教育とは言えません。
ルールに疑問を持っておかしいと言えることも大事であり、話し合ってルールを変えていくことも大事。