Twitter

ライターのSさんは、6年生の娘に「ごめん。今日は締め切りの原稿のことでイライラしてる。夕食の支度もできないの。自分で何か食べて」と正直に打ち明けました。

すると、娘が家族4人分の「シーチキン野菜炒め」を作ってくれました。
Sさん曰く「正直に言ってよかった。無理してたら切れてたかも」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

子供と一緒にいる時間が長くなると大人はイライラしてきます。
子供はやたらにエネルギッシュでハイテンションですから。

大人も元気なときは付き合えるし我慢もできます。
でも、ずっとは難しいですね。
子供としばらく離れて適度に距離を取る、自分の時間を確保する、誰かに愚痴を聞いてもらう、などが必要不可欠になってきます。
これがないとメンタルがやられます。

自分で助っ人を探すのも大事ですが限界もあります。
国や自治体は予算をつけてそういう場所や人を確保すべきです。
一人で抱え込むのが一番良くないです。
政治や行政には本気の子育て支援をして欲しいと思います。
子育て家庭に優しい社会を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

子どもの元気とやる気が出る言葉。ウィンザー効果を活用しよう

ツイッターで毎日つぶやいてます

こちらの記事も参考に ↓↓↓
「楽しい」経験から始める家庭学習

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

手が出て左向きCIMG0039