●世間体が子育てや教育を苦しくする


子どもとの毎日を楽しく安らかな気持ちで過ごしたい。
良好な親子関係で幸せに暮らしたい。


みなさん、このように思っていると思います。


でも、実際にはそうなっていない親子も多いようです。


子育てや教育を大変にしたり、親子関係を難しくしたりするものにはいろいろありますが、「世間体」というものもその一つだと思います。




●周りの目が気になって自分らしく生きられない。


自分らしい子育て・教育ができない。
周りからどう見られるかを考え過ぎて、叱らなくてもいいことで叱ってしまう。


お受験などをしたいわけでもないのに、受験しないだけで負け組のように思われたくないから受験する。


背伸びしてつま先立ちで、やっと合格した中学で、授業についていけなくなる。
習い事や塾も人並み以上に通わせないと安心できない。


特別支援学校・学級の方が合っていそうだけど、世間体を気にして踏み切れない。


本当は低層階のマンションで十分なのに、見栄をはって高層階にしてしまい、金銭的に苦しくなってしまった。




●世間体をこれほど気にするのは日本人だけ


このように、世間体、つまり周りの目を気にしすぎた結果、生活や子育てが大変になっている例がたくさんあります。


「世間学」を研究している九州工業大学名誉教授の佐藤直樹氏によると、世間体をこれほど気にする国民性は、世界中を探しても日本だけだそうです。