Twitter

学校の給食や家庭の食事で苦しんでいる子、どちらもたくさんいます。
先生や親に完食を迫られる、嫌いな物を無理矢理食べさせられるなど。
それが子どもの鬱症状、登校渋り、不登校、自己肯定感の低下、親子関係の崩壊などの原因になっています。

どうしたら救えるのでしょうか?
↓↓↓
親力チャンネル(YouTube)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

私たち大人も以前は子どもでした。
そして、毎日しょうもないことをたくさんして、同じ失敗を性懲りもなく何度も繰り返していました。
嘘もついたしズルもしました。
怠けたりサボったりもしました。

大人になった今では、その頃のことは完全に忘れて、子どもに対してとても偉そうに振る舞っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

親の過干渉に苦しむ子…。

嫌な習い事をやらされ、行きたくもない塾に行かされ、就きたくもない仕事に就かされる。
親は必ず「子どものため」と言います。

でも、それがそもそも勘違いで、本当は無意識のうちに親自身のためなのではないでしょうか?
無意識ゆえに親が自分でそれに気づかないだけでは?

ツイッターで毎日つぶやいてます

こちらの記事も参考に ↓↓↓
失敗を悔やみ続ける子を励ますには?

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

手が出て左向きCIMG0039