Twitter

今日も子どもはがんばった。

朝はまだ寝ていたかったけど何とか起きた。
朝食後は歯を磨いて身支度もした。
授業は6時間もあってけっこう疲れた。
休み時間には友達との関係で気を遣った。
係活動と給食当番と掃除も大過なくこなした。
帰宅してすぐ塾に行き、また帰宅したら怒られながら宿題をやった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

児童精神科医で名著「こどもへのまなざし」の著者・佐々木正美先生は、3人の子どもを育てる際、子どもたちの願いを叶えてあげることを大事にしていたそうです。

そして、よく「何か食べたいものがあったら、言ってごらん」と言っていました。
好き嫌いがあっても、「好きなものだけ食べればいいよ」と言って、嫌いなものは一切食べさせなかったそうです。

佐々木先生曰く「発達障害の息子は、小さいときは少食だったのですが、そのように接した結果、食べることに喜びを感じたのでしょう。食べることに積極的になり、現在は3人の子どもたちの中でもっとも好き嫌いがなく、健康な体を維持しています。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitter

「うちの子だらしがないから、先生からも叱ってください」と学校や塾の先生に頼む親。
みんなで「叱るチーム」を作ってどうする?
家と学校と塾で叱られたらどんな子でも「自分はダメだ」と思い込みます。
人生は思い込みで決まるので、「ほめるチーム」で子どもがよい思い込みができるようにしてあげよう

ツイッターで毎日つぶやいてます

こちらの記事も参考に ↓↓↓
高学年の子を読書好きにさせるには?


YouTube「親力チャンネル」
「親力講座」の更新通知をLINEで受け取る

親野智可等のメルマガ
親野智可等のインスタグラム

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

手が出て左向きCIMG0039