子どもとのコミュニケーションにおいて、カギになるのが「共感的に聞くこと」。
そのためには、ひとまず子どもの話をそのまま受け止めることが大事だといいます。


とはいえ、親としてつい口をはさみたくなる場面も…。
「子どもを正しく導く聞き方」を教育評論家の親野智可等さんがレクチャーします。




●子どもの話をつい遮ってしまう…その行為がNGの理由は


── 子どもが話し始めたら「まずは受け止めることが大事」と伺いました。
とはいえ、望ましくない言動などがあると、親としては、ついさえぎって注意したくなってしまうもの。そのまま聞いていてもいいのでしょうか?



親野さん:

「共感的に聞く」というのは、何もかも子どもの言うとおりにするということではありません。


大切なのは、その“順番”なんです。


わが子を正しい方向に導こうと考えるのは、親として当然の心理ですから、子どもの話があまり好ましくない内容だと、つい「こうしなきゃダメだよ」「だから言ったでしょ!」などとストップをかけ、コントロールしようとしがち。


しかし、これだと、子どもは心の中にあるものを吐き出すことができないまま、ストレスをため込んでしまうことになります。


これでは精神衛生上、よくありません。


子どもが話しはじめたら、まずは“聞き切る”ことに専念しましょう。


今、子どもが抱えている思いや不満をすべて吐き出さないと、新しいことが入る余地も生まれません。




●否定的な言葉で注意すると「自分が否定された」と感じることも


── 確かに、話をしている最中に正論で遮られると、大人でも心を閉ざしてしまいがちです。


子どもの話を聞ききったあとは、どんなふうにアドバイスすれば耳を傾けてくれるでしょう?



親野さん:

1度肯定したあとに自分の意見を述べる「YES・BAD方式」という会話のテクニックを聞いたことがある人も多いでしょう。


でも、一回の「YES」だけでは十分ではないので、共感のコミュニケーションでは、さらに一段階上の「YES・YES・BAD」が有効です。


例えば、……