暑くて長い夏休み。
初めは休みが嬉しくてしかたなかった子も、自由な時間を持て余したり、課題が思うように進まなかったり、学校のある日常とペースの違う毎日に徐々に疲れを感じているかもしれません。


なんだか気分がスッキリしない、ちょっとしたことでイライラしてしまう、そんなときにおすすめの発散方法を教育評論家の親野智可等先生にうかがいました。




●イライラは「ぶつける」前にじょうずに「出す」


今年の夏休みは、遠出できず、イベントも控えるなど、おうちで過ごす時間が増えています。


家の中はのんびりできる半面、気持ちを発散する機会が減って知らず知らずのうちにストレスがたまっていることも。


無意識にためこんだモヤモヤやイライラが負担になって、夏休みを楽しめないとかわいそうですし、ふとしたきっかけで爆発してしまうかもしれません。


じょうずに気持ちの発散ができるように工夫しましょう。
モヤモヤやイライラは、ため込まず、上手に「出す」ことが大切です。


気持ちを表に出すことは、それ自体が悪いことではありません。
感情に振り回され、それを人にぶつけるのが、いけないことなのです。


たまった気持ちを純粋に表に「出す」方法を知っていれば、ためこんでキレたりすることなく、いずれは早めに察知して自分で対処できるようになっていきます。


子どもは自分の感情を意識したり、それをコントロールする経験が少なく、方法も知りません。


親子でできる発散方法をいくつか紹介しますので、ぜひお子さんと試してみてください。




●感情をコントロールする力につながる発散法


まず試してほしいのが「笑いヨガ」。
楽しくなくても大きく口を開け、大声で「アッハッハッハッハ!」と笑います。


最初は照れるかもしれませんが、思い切り声を出すと、本当に楽しくなってきます。


大人が大きな声を出せば子どももつられて声を出しやすくなるので、ぜひ一度、照れを捨てて挑戦してみてください。


「えーんえんえん」などの泣きヨガ、「もー!もー!もー!」といった怒りヨガ、とにかく大声を出すわめきヨガなど、応用して、気持ちが出しやすいものから試してみてもいいですね。