夏休み真っ最中ですね。

毎年のことですが親御さんたちからは「毎日、宿題をやらせるのに一苦労です」「集中力がなくて、1時間でできるはずの宿題に3時間もかかります」「子どもがやることをやらず、ダラダラして困ります」などの悲鳴が聞こえてきます。




●労力の割に成果は少ない


しかし、正直に言えば、これは当たり前のことなのだと思います。


そもそも、夏休みというものは、暑過ぎて何もできないから休むことになっているわけです。


おまけにもともと、日本の夏は高温多湿で過ごしにくい上に近年、その度合いが一層顕著になっています。


それに、子どもたちは4月の始業式から7月の半ば過ぎまで、3カ月半ほど頑張ってきたのですから、休みたくもなります。


このようなわけで、子どもがダラダラするのは当然ですし、大人だって同じようなものです。


年がら年中、頑張ることなどできないわけです。


また、「そもそも、夏休みに宿題が必要なのか。本当に効果があるのか」といったこともおおいに疑問です。


もちろん、子ども本人が勉強に対する意欲が高くて、本当に楽しみながら、あるいは目的意識を持って主体的に勉強できるなら効果があるでしょう。


しかし、正直言って、こういう子は極めて少ないのが現実です。
ほとんどの子は嫌々宿題をやっているわけです。


多少は効果があるのかもしれませんが「その多大なる労力に比べると成果は非常に少ない」と言わざるを得ません。


それに忘れてならないのは、本人の能力や家庭環境などにより、子どもたちの間には非常に大きな学力差があるということです。


学力格差があるにもかかわらず、宿題は一律に出されることがほとんどです。
そのため、宿題が加重負担になって、毎日苦しんでいる親と子どもがたくさんいます。


このような場合、親が宿題のことで叱り続けることで親子関係が悪化したり、子どもが自己肯定感を持てなくなったりする可能性が高くなります。


これは子どもの人格形成によくないので、親が先生に事情を話して、宿題を減らしてもらうとよいと思います。


つまり、大人の交渉術で上手にやってほしいのです。
どうすればいいのかというと、…

こちらでお読みください ↓↓↓