親が忙しいときに限って、子どもは「見て見て」「聞いて聞いて」と話しかけてきます。

もちろん、その場ですぐ聞いてあげるのがベストですが、ただ、どうしても手が離せないときもあります。

そんなとき、「ちょっと待ってなさい。今、忙しいのがわからないの?」などと門前払いすると、子どもの気持ちはあっという間に萎んでしまいます。

場合によっては、そういう親の対応への不満から、弟や妹を叩いたり等という負の連鎖も起こりかねません

そうならないためのひと言とは?



こちらの記事も参考に ↓↓↓
子どもの“友達力”を伸ばす 大切なのは人間関係を上手に調節する力

親野智可等のツイッター
YouTube「親力チャンネル」
「親力講座」の更新通知をLINEで受け取る

親野智可等のメルマガ
親野智可等のインスタグラム

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

手が出て左向きCIMG0039