あなたはどういうときに子どもを褒めますか。
親が子どもを褒めるのは、一般的に次のようなときだと思います。

・子どもがよい行いをしたとき
・子どもが頑張って努力しているとき

・できなかったことができるようになったとき
・よい結果を出したとき
・やるべきことがちゃんとできたとき



●常に愛情や感謝の気持ちを伝える

もちろん、こういうときに褒めたり、一緒に喜んだりしてあげることはとても大切なことですし、否定的な言葉で叱りながらやらせるより、はるかにマシです。


しかし、実は、褒め方としてはこれだけでは不十分なのです。


なぜなら、これらはすべて、条件付きの褒め方だからです。


つまり、「よい行いをしたら」「頑張ったら」「できるようになったら」という条件が付いているのです。


それは「褒めることでもっとやらせよう」という大人の意図が透けて見えているということでもあります。


それにより、子どもがいまひとつ、心から喜べないこともあります。


また、子どもが「もっと褒められるために、もっと頑張らなければ」と思って、頑張り過ぎる可能性がありますし、期待に沿えなかったと感じて、悪い結果(学校の成績など)を隠すようになったり、嫌なときにも「嫌」と言えなくなったりする可能性もあるのです。


心理学では、子どもが親に愛されていると本当に実感するのは……

つづきはこちらから ↓↓↓

親野智可等のツイッター
YouTube「親力チャンネル」
「親力講座」の更新通知をLINEで受け取る

親野智可等のメルマガ
親野智可等のインスタグラム

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト