●写真はデジタルではなく現物で!

スマートフォンのカメラ機能の向上は、誰もが簡単に思い出を残す方法として恩恵を与えてくれました。


しかし、撮ったその写真を子供は見ていますか?
撮った写真を子供と見ながら、思い出を振り返りましたか?


写真の醍醐味は、思い出を味わうものと考えています。


そのために、子供と一緒にスマホの写真を見ながら、印刷して残したいものを選び、選んだ写真を玄関やトイレなど生活の動線に飾ってみてはどうでしょうか。


私が教員時代に家庭訪問をしたある家庭では、パパと子供の写真がたくさん玄関に飾られていました。パパが遠洋航海の船員で、長い期間パパの姿をみることができないので、パパの存在を伝えるために飾っているとのことでした。子供は玄関を通るたびに、パパの存在を思い出し、愛されていることを感じて他者信頼感の形成に繋がりました。


また、別の家庭では、子供が縄跳びをしている姿やお風呂洗いの様子、何かを達成したときの様子など、日常生活の写真を飾っていました。


この子供はその写真について、「僕はこのとき、すごく頑張ったんだよ。」と楽しそうに話してくれました。

子供は日々新しいことを発見するため、毎日が目まぐるしく過ぎ、中々過去のことを思い出そうとしても思い出せません。
しかし、このように写真を常に見る環境があることで、自分がどれだけ頑張ってきたかを思い出し、成功体験を記憶に刻み自己肯定感を高めることができます。




●写真を見ながらのコミュニケーション方法とは?


子供と写真を見ながらコミュニケーションをとる場合は、子供にたくさん話してもらうことを意識します。
「このとき何を頑張ったんだっけ?」「どうしてうまくいったのかなあ?」と聞くことで、子供自ら感想を話してくれます。
このような会話を大切にしてください。


また、子供が貼りたい写真と親が貼りたい写真はちょっと違うこともあります。
ですから、いつも親がプリントアウトする写真を選ぶのではなく、一緒に選んだり子供に選んでもらったりするのも良いと思います。
写真を飾ることで、子育て中のママやパパにとっても、「子育て頑張ってきたなあ」、「明日もがんばろう」といった活力や夫婦仲の向上にもつながると思います。

初出 パパズ・スタイル

ブログのおすすめ記事です ↓↓↓
「今までの子育てに後悔がある」という人へ

親野智可等のツイッター
YouTube「親力チャンネル」
「親力講座」の更新通知をLINEで受け取る

親野智可等のメルマガ
親野智可等のインスタグラム

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

手が出て左向きCIMG0039