親はみんな無意識のうちに子どもを比べています。
比べると常に隣の芝生は青く見え、わが子の至らなさが目につきます。

行動が遅い、挨拶ができない、走るのが遅い、勉強ができない、などなど切りがありません。

一番よくないのは、それを子どもに言ってしまうことです。
「○○ちゃんは□□ができるのに、なんであなたはできないの」。
親は発破をかけるために言うのでしょうが、子どもには辛い言葉です。



こちらの記事も参考に ↓↓↓
わが子の友達がすごく行儀がよかったのを見て、あなたはわが子に何と言いますか?