【親子の触れ合い】子どもに寂しい思いをさせてるかもと思ったら

ゆき子さん(仮名)は仕事が忙しく、子どもとの触れ合いの時間が少ないことが気がかりでした。

時には持ち帰りの仕事もあり、ゆっくり子どもと触れ合う時間が取れずにいました。
子どもの寝顔を見ながら、「この子に寂しい思いをさせているのではないか?」と自分を責めることもありました。

ところが、あることがきっかけで「親子の触れ合いを増やそう」と一大決心をしました。
その方法とは?



こちらの記事も参考に ↓↓↓
忙しい朝だからこそ、やるべきこと。親の愛情を子どもに伝えよう

手が出て左向きCIMG0039