●今の親が願う子どもの姿


親は、子どもに対していろいろな願いを持っています。
一般的に多いのが、次のようなことです。




「なかなか勉強してくれない。宿題も、何度も言われてやっと始める。自分から進んで勉強するようになってほしい」


「やるべきことをやらずに、自分がやりたいことだけをやる。ちゃんとやるべきことをやってから、自分がやりたいことをやってほしい」


「親に言われなくても自分で進んで次の日の仕度をして、忘れ物もしないようになってほしい」


「勝手なことをしないで、何事も周りのみんなと協力して取り組めるようになってほしい」




そのほかにも、「整理整頓・片づけができるように」「忘れ物をしないように」など、たくさんあります。




●親が願わない子どもの姿


では、次のような願いはどうでしょうか。
「自分のやりたいことを自分で見つけて、どんどんやってほしい」


「自分のやりたいことには最大の集中力を発揮して、時間の経つのも忘れて取り組んでほしい」


「人と違う自分らしいオリジナルな発想ができる子になってほしい」
「同調圧力に負けず、自分の意見を言ったり、行動できたりする子になってほしい」


不思議に思うのは、私が先生だったときも教育評論家になった後でも、この後者のような願いを聞いたことがないということです。


前者も後者も、両方とも大切なことだと思うのですが、後者のほうは全く聞いたことがないのです。


では、なぜ親は前者のような願いを持ち、後者のような願いを持たないのでしょうか?
そして、その違いはどこから来るのでしょうか?

つづきはこちらから ↓↓↓