人は誰でも、相手の話の聞き方が上手だと、たくさん話したくなるものです。
そして、その逆だと話したくなくなります。
思春期・反抗期の子は特にそうです。

次の、「上手な話の聞き方10のコツ」を身につけて、あなたも聞き上手になりましょう。
これらに気をつければ、思春期・反抗期の子も話したくなります。

1,「ながら聞き」をやめる
2,話の腰を折らない
3,否定しない
4,上手にうなずく
5,上手に相づちを打つ
6,オウム返し
7,言い換え
8,ほめる
9,上手に質問する
10,ミラーリングする



手が出て左向きCIMG0039