子どもは親が公平かどうかについて非常に敏感です。

なぜなら、子どもという立場は弱いものであり、衣食住をはじめ多くのものを親に頼らざるを得ないからです。

ですから、親は公平にしているつもりでも、子どものほうは微妙な不公平を感じていることはあり得ます。

では、それはどんな時でしょうか?