子どもの性格や才能には生まれつきのものがあります。  
性格としては、せっかち・マイペース、社交的・内向的、嫌なことは先にやる・嫌なことは後回しなどです。 才能としては、運動神経の良し・悪し、数学の得意・不得意、片づけの上手、下手などです。 こういった、子どもの生まれつきの資質を無理に変えようとするより、資質に沿って伸ばした方がうまくいきます。 なぜなら、長所にしろ短所にしろ、生まれつきの資質は簡単には変えられないからです。