●共感がないまま、子どもに“塩対応”する親


子どもが泣いていました。
道を歩いていて、止めてあった自転車にぶつかったようです。


すると、近くにいた母親が「ちゃんと前を見てないからでしょ。まったく! もっと気をつけて歩かなきゃダメでしょ」と言いました。


ああ、なんて冷たい対応なんでしょう。
まさに“塩対応”です。
これでは、子どもがかわいそうです。


こういうとき、まずは痛い気持ちに十分に共感してあげることが大事です。
まずは、「痛かったね〜」と言ってあげてください。
何か言うべきことがあったら、共感の後に言うようにします。


こういう対応なら、子どもは「自分がどんなに痛かったかわかってもらえた」と感じることができて、心が安らかになります。


自分の気持ちをわかってくれる親が大好きになります。
親を信頼する気持ちも出てきます。


これは勉強についても同じです。
「宿題しない」「勉強しない」「成績が上がらない」などということで、塩対応になっている親がたくさんいます。


宿題や勉強をやりたくない気持ちや成績が上がらない苦しさに共感することなく、「勉強しなきゃダメでしょ」「もっとがんばらなきゃ合格できないよ」「口だけでなく言ったことは実行しなさい」などと責めたり……。



●親が子どもに塩対応になる理由


では、なぜ、多くの親たちがこういう対応になってしまうのでしょうか?


愛情がないのでしょうか?
いいえ、そうではありません。


愛情はあるのですが、同時に、親としてわが子に「○○させなければ」「勉強させなければ」「学力を上げなければ」「○○できるようにしなければ」「しつけなければ」という思いが強くあるからです。


そして、この思いが強ければ強いほど、否定的な言葉で叱ることが増えます。


それによって、子どもは親の愛情を疑うようになり、「愛されていない」「大切にされて
いない」と思い込むようになります。


すると、ますます親に対して反発するようになります。


それで、親もさらに叱ることが増える、という悪循環……。


こういうパターンで親子関係が壊れる例が非常に多いのです。
というか、ほとんどがこれです。




●「伸ばさなければ」より「人間同士として付き合おう」くらいの気持ちで


そうならないためには、どうしたらいいでしょうか?


私が提案しているのは、「親として子どもをしつけなければ」「子どもに○○させなければ」「○○を直さなければ」「子どもを変えなければ」「子どもを伸ばさなければ」という
思い込みを一度脇に置いてみることです。


「直さなければ」「変えなければ」「伸ばさなければ」という気持ちの中には、子どもに対する微妙な否定があり、それはどうしても否定的な言葉として表れるからです。


それよりも、これからは「この子と楽しく過ごそう」「人間同士として付き合おう」「一緒に仲よく生きていこう」くらいのスタンスで臨むようにしてみてください。


そうすると、自然に肯定的な言葉が増えます。

つづきはこちらから ↓↓↓
TOMASスカラ

ブログのおすすめ記事です ↓↓↓
言うことがコロコロ変わる子。言ったことには責任を取らせるべき?